“本当は、2・3ヶ月くらいかけて学べると良いですね” 経営を担いながら貪欲に知見を積み重ねるウェブ解析士、林田 大平さん

ウェブ解析士の資格を取得した方を対象としたショートインタビュー。今回は、印刷会社の経営陣として、様々な方面から会社を支える林田(はやしだ)さん。印刷物の需要に代わって増えるウェブの需要に対応していく姿勢に、胸が熱くなりました。

林田さん

(インタビュー・編集:ウェブ解析士マスター 小杉 聖)

――― 林田さんは現在、印刷会社の取締役で営業もされていらっしゃるそうですね。

林田 大平さん(以下、林田):はい、人数の少ない会社なので営業以外にも、戦略立案、経理業務、IT設備管理等、さまざまな仕事をしています。コロナ禍とはいえまだまだITに疎い業界ですから、日々走り回っているところです。

――― おつかれさまです!
では早速ですが、林田さんが「ウェブ解析士」を初めて知ったきっかけはなんでしたか?

林田:数年前になりますが……ウェブ広告の代理業務を行っている中で、クロスドメイントラッキングの設定の確認を担当の方に調べていただいていたことがあり、その方の肩書きに「上級ウェブ解析士」とあって、そういう資格があることを知りました。

――― 結構前からご存知だったんですね。

林田:2・3年前くらいですね。元々ウェブ広告は外注先にお任せしていたのですが、担当者の方と話をする際にわからない単語が多くて、独学で調べながら運用していました。

――― 独学の方は、知識が偏るから体系的に知っておきたいと考える方は多いんですが、林田さんも同じような背景がありますか?

林田経験で回せていたので、この頃は特に必要ないかなと考えていたんです。どちらかというと、デザインなどの見た目に関する内容を学べる資格を探していましたし。

――― なるほど。

林田:ただ、そうですね、やはりずっと独学でしたから、ベースの知識の必要性はずっと感じていて、今年のどこかで受験しようとは思っていました。ちょうどキャンペーンを見かけたので、それならと受けることにしたんです。

――― 普段から、ご自身で調べて知識を身につけていらっしゃるようなので、それほど難しくなかったのではないですか?

林田:はい、難しいわけではなかったのですが、ボリュームに圧倒されました。というのも、6月の最後に応募して、7月にG検定(日本ディープラーニング協会)を勉強、次の週に中小企業診断士、更に決算月だったこともあり、実質、1週間くらいしか勉強できなくて。当然、業務時間中は勉強できないので、朝晩や休憩中などの時間を使ってなんとかこなしました。

――― 中小企業診断士を取得しているウェブ解析士はお見かけしますが、同時期に受験された方は初めてです……!他の資格試験だけでも大変なのに、決算……!?

林田:本当はもう少しきちんと動画などを見て、実際の仕事とリンクして進めていきたかったですが、すべてスキップしたのでもったいなかったです。それでも、経営に関わる内容や広告、解析まわりは復習になりましたし、SNSやYouTubeのあたりは知らなかったので参考になりました。こうやって広く学べることで、視野も広がりますね

――― 時間のない中でも、貪欲にインプットする姿勢に脱帽です……社員の皆さまにもオススメできそうですか?

林田:研修として取り入れるのもいいですね。ウェブに限らず、マーケティングの知識、単純に営業としての考え方のフレームワークなども体系的に学べるので、社会人として必要ではないかと思います。

――― 経営陣にそう言っていただけるとウレシイです!

林田:ただ、時間的には余裕を持って、計画的に受験できるようにしたほうがいいですね。本来、2・3ヶ月くらいかけて学べると良いのではないかと。
私の場合、こうやって会社を経営していて、実際に広告や解析ツールを触っていなかったら、おそらく受かっていなかったと思います。だからこそ、テキストに書いてあるツールを実際に触って、自分で確かめながら深めたほうがいいですね。

――― そうですね、アウトプットしながらのほうが定着しますし、実務として解析のプロジェクトと合わせて学ぶと、ちょうど良いかもしれません。そういえば、AI関連の内容も学ばれていたのですよね。

林田:はい、個人的にディープラーニングに興味があるので、その技術を使ってウェブとのコラボでマーケティングに活かせないかと模索中です。すでにいろいろと試している感触では親和性や可能性を感じているので、もっと具体的に仕掛けてみたいですね。

――― 新しいツールも実際に使い倒しながら、貪欲に知見を重ねていく姿勢に圧倒されましたが、これが常に新しい変化に対応する経営者の姿なのだと、胸が熱くなりました。これからの印刷業界の進化が楽しみです!

林田さんのウェブサイト

株式会社 東京文久堂

Facebook:https://www.facebook.com/bunqdo/