MENU

ウェブ解析士協会 法人会員とは

社員のスキルアップのため、ウェブ解析士の団体受講を設けたり、推奨したり、義務づける企業が増えています。

事業の成果をしっかりと見据えていくウェブ解析士を社内で育て、活躍する機会を作ってくださる企業が活躍できる環境をつくることもウェブ解析士協会の大事な使命だと考えています。また、社内で活躍するウェブ解析士の実務機会やスキルアップも、企業と一緒に実施していくことで、ウェブ解析士も働きやすくなる環境を作りたいと考えています。

ウェブ解析士協会は、ウェブ解析を活用する企業の力になります。
法人会員制度をぜひご活用ください。

法人会員のメリット

  • ウェブ解析士講座を主催することで、割安にウェブ解析士講座や試験を開催できます。
  • ウェブ解析士の資格維持を社内で実施することでウェブ解析士の個人負担を軽減し、企業が社員に求める方向でのスキルアップを社内で実施することができます 。
  • ウェブ解析士有資格者の社員は、法人会員に在籍していれば、資格維持のための活動を個人で行う必要がなくなります
  • 法人会員は、ウェブ解析士協会が事業の支援をします。人材募集や自社サービスの紹介にお役立てください。

法人会員について

法人会員は、ウェブ解析士協会の活動に賛同し、ウェブ解析士の資格取得と資格維持を社内で推奨する企業が対象です。

お申し込みいただくと、理事会および法人会の審査を経て、承認されれば法人会員となります。
※審査の内容、理由はお答えできませんのでご了承ください。

原則、ウェブ解析士認定者の方が社内に1名でもいれば、会社として法人会員登録が可能です。該当するウェブ解析士の方は、社員・契約社員・出向駐在などの雇用形態によりませんのでご安心ください。

なお、一般的な個人会員と法人会員の違いは以下のとおりです。

 個人会員法人会員
資格の明示ウェブ解析士協会 正会員ウェブ解析士協会 法人会員
維持の責任個人負担
独立・転職リスクあり
法人負担
資格維持費用固定人数によって割安
協会運営への参画委員会・支部・研究会なし
資格維持義務資格取消も自由会社が義務付可能
資格維持活動個人任意(失効リスクあり)法人管理(法人で管理、指導)
講座費用全額負担講座主催することで割引可能
第三者への講座主催も可能

法人会員のメリット

公式テキストの配布・割引購入

人数枠上限のPDF版テキストを配布いたします。それ以上については、2割引で購入できるクーポンをお渡しいたします。

自主開催による講座費用のコスト削減

認定講座や試験を自主開催することで、講座費用のコスト削減と企業研修による販路拡大・顧客教育が可能です。

例)ウェブ解析士講座を講師に依頼して自主開催した場合

一般的な開催

講座 10,000 + 試験 16,000

法人企業が主催者として開催

講座 0 + 試験 13,800+講師料

※ 講座を協会から紹介する(公式サイトの講座一覧に掲載する)と、販促手数料がかかります。
※ 講師料は主催者である法人会員と講師を引き受けるウェブ解析士マスターとの話し合いで決まります。講師との交渉や人数で変化します。

企業内における成績の共有

試験の結果やフォローアップテストの合否など、所属子会員の成績を法人会員内で共有できます。

※フォローアップテストは、所属する子会員の皆さまが資格を維持するために必要です。フォローアップテストについては、下記もご確認ください。

自主講座を企画・開催

担当者様の要望に合わせた集客講座や求人イベントを開催できます。

フォローアップ講座の無償受講

フォローアップ講座の動画を無償で閲覧できます。

資格維持人数の制限可能

資格維持者を絞り込み、その人数で法人会員として契約できます。実務上、肩書が不要な方の資格維持コストや労力を削減できます。

資格を維持しない方の表現について

正会員にならず資格維持要件を満たさない場合、「○○年ウェブ解析士合格者」となります。
(例)2017年に合格された方は「2017年ウェブ解析士合格者」

法人会員 会費(税別)

入会金

100,000

年会費

所属するウェブ解析士の数年会費
1〜50名15万円
51〜100名30万円
101〜200名50万円
201〜400名100万円
401〜800名160万円
801〜1,600名320万円
1,601〜3,200名480万円
3,201〜6,400名960万円
6401〜12,800名1,280万円

企業内に正会員(個人)が25名以上在籍している場合、法人会員のメリットが大きくなります。

正会員(個人)の年会費は6,000円(税別)です。25名になると個人会員と法人会員は同じ価格ですが、法人会員の特典を考慮した場合、法人会員を選んだほうがずっとお得です。

顧客の企業に在籍している正会員(個人)と合わせて法人会員になることも可能です。

参考資料