MENU

上級ウェブ解析士とは

コンサルタントの卵、コンサルタントの入口に立てる人材

対象領域:オンライン・オフライン(主にデジタルを中心)
身につくスキル:戦略立案からKPI策定、施策の実行まで指示・管理できる

多くのマーケティングフレームワーク、ビジネスフレームワークを使い、ウェブにとどまらないお客様の経営課題にまで踏み込んだKPIの設計から、データに基づいた根拠のある提案ができるようになります。
ウェブコンサルティングとして必要なスキルを体系的に学べるカリキュラムです。

目次

上級ウェブ解析士とは

ウェブ解析士との違い

用語理解や知識習得がメインのウェブ解析士とは異なり、上級ウェブ解析士は、実際にコンサルティングを体験し、スキルを取得していきます。実践経験がポイントとなります。

こんな方におすすめ

  • 実際にクライアントや自社に対してコンサルティングを行えるようになりたい
  • ウェブ解析だけではなく、事業の課題を解決する取り組みを行いたい

こんな方は、以下の講座がおすすめです

受講生がウェブ解析士協会をコンサルティングする、疑似コンサル体験を通じてスキルを習得

上級ウェブ解析士講座では、ウェブ解析士協会の課題解決のための提案レポートを作成。カリキュラム受講の中で、提案レポートに必要な知識や技術を習得していきます。
最終的に修了レポートをコンサルタントの実績として残せるカリキュラムとなっています。

実戦経験の必要性

「知っている」から「できる」へ

業務で重要なのは、実務ができるかどうかです。まず「やってみる」ことが重要で、実践を通して経験を積むことで、「できる」ことが増えていきます。
経験豊富なコンサルタントは経験を通して成功体験や失敗体験を経て、さらに成長をしている。成長過程の中で新しいスキルを習得しています。
上級ウェブ解析士認定講座は、知識、技術を習得しながら、同時に実践経験を得ることができるカリキュラムです。
デジタルマーケティングについて「知っている」から、「やってみる」を通して、できる自分になりませんか?

上級ウェブ解析士ができること

顧客のビジネス課題を抽出し、課題解決に至る戦略・施策を立案し、実行管理できる能力。
講座の中で得た知識や技術を使って、企業の目標達成のための提案、施策実施の遂行ができます。

上級ウェブ解析士講座について

  1. 事前課題で、事業分析・経営戦略の策定
  2. 中間課題でマーケティング戦術書を作成
  3. 修了レポートで提案書に落とし込む

学習内容

  • 事業分析とペルソナ・カスタマージャーニーマップの作成方法(クライアントや自社の事業理解とカスタマー理解)
  • KPI(重要業績評価指標)の設定とウェブマーケティング計画の設計・立案(事業目的に対して適切な計画)
  • 時系列分析のセオリー、ウェブ解析の基準値、業務設計(業務効率化による事業収益化促進)
  • 分析結果のコメント・アドバイス方法(課題抽出と改善策、事業成果に繋げる提案ポイント)
学習目標講座や各課題で取り上げる理論・手法を十分に理解・習得し、クライアントや自社の事業に貢献できるコンサルタントになること。
受講資格ウェブ解析士資格保有者であること。
受講費用88,000円(受験料含む・税込)

講座形態

課題・テスト・講座講座内容
オンライン講座すべてオンラインで完結各課題の講評・講座内容に関する質疑応答・ディスカッション、修了レポートの説明などを行います。
オフライン講座講座のみオフライン
(2,3時間の講座を2日間)
オンライン講座と同様の内容です。
オフライン講座の会場や時間、内容については、講師から連絡があります。

資格取得の流れ

事前課題作成から修了レポート提出まで、概ね1.5ヶ月です。

STEP
上級ウェブ解析士認定講座にお申し込み

開催スケジュール をご覧いただき、ご都合の良い講座にお申込みください。

協会カリキュラムは1月〜12月の年度で変更されており、テキスト・講座内容・試験などは1月で一新されます。資格取得を想定している場合、同じ年の12月までにご検討いただくことをオススメしています。

STEP
【事前課題】合計6点の事業分析
  • 外部環境分析課題
    • 5 Forces分析
  • 内部環境分析課題
    • クロスSWOT分析
  • ユーザー分析課題
    • NPS(Net Promoter Score)
    • ペルソナ
    • カスタマージャーニーマップ
  • ロジックツリー課題
    • ロジックツリー(売上20%UP)
STEP
1回目講座(オンラインライブまたはオフライン)

講座では、以下の内容と各課題の講評、講座内容に関する質疑応答・ディスカッションなどを行います。

STEP
【中間課題】3点のマーケティング計画立案

第2部開始までに下記3種類のドキュメントを作成し、講師の指定する期限内に提出。

  1. ビジネスゴールに基づく「ウェブマーケティング計画書」(必須)
  2. カスタマージャーニーマップを基にした「KPI設定シート」(必須)
  3. 新たなウェブ解析ソリューションの「解析設計指示書」(3つからひとつを選択)
STEP
2回目講座(オンラインライブまたはオフライン)
STEP
修了テスト・修了レポート

修了テスト

講座各章、事前課題、中間課題から出題。

修了レポート

要件に従って3項目のレポートとロジックツリーを作成し、1施策の改善・解析提案とそのデーター分析レポートを作成し、講師の指定する期限内に提出。

  • 事業分析(事前課題)(4P)
  • 3ヶ月全体レポート(1P)
  • KPI設定シート(中間課題)(1P)
  • カスタマー別定義月間推移レポート(1P)
  • ロジックツリー(事前課題)(1P)
  • 改善施策提案(1P)
  • 解析設計提案(1P)
  • マーケティング解析によるデータ分析(1P~)
  • アクセス解析によるデータ分析(2P~)

合格の条件

  • 講座各章のテキスト閲覧を完了し、提示された課題を提出・合格していること。
  • 2回のオンラインライブ授業または会場講座に参加していること。
  • 修了テストに合格していること。
  • 事前課題・中間課題・修了レポートを期限までに提出し、合格点140点以上を取得すること。(各点数配分は下記参照)
満点不合格ライン
事前課題50点35点未満
中間課題50点35点未満
修了レポート100点70点未満

不合格になった場合

不合格の方は、不合格の課題・レポート・試験の再試験を受けることができます。

  • 事前課題・中間課題 : 11,000円(税込)
  • 修了レポート : 11,000円(税込)

講座単位未取得の際は、再受講していただくことになります。
また、実際に再受験する場合には、前回受験した講座の主催者(講師)にご相談ください。

注意事項

  • 受講前にNDAを提出していただきます。
  • 不合格の際の返金はできかねます。
  • 各課題に関する資料および講座資料の著作権は一般社団法人ウェブ解析士協会に帰属します。
  • 事前課題・中間課題・修了レポートは公開・共有することがあります。

資格取得までの期間・学習時間の目安

上級ウェブ解析士は講座受講と試験の両方が必要です。下記は、予習開始から修了レポート提出までの目安となる期間です。

1か月半~2か月(学習時間:40時間~60時間)

上級ウェブ解析士認定講座の学習時間
上級ウェブ解析士認定講座の難易度

受講生へのメッセージ(動画あり)

上級ウェブ解析士認定講座は単に講座を受講するだけではなく、自分で「手を動かして」各課題や修了レポートに取り組んでいただきます。各課題や修了レポートの作成には、それなりの時間がかかります。ご自分の業務もあるとは思いますが、合格できる課題・レポートを作るために十分な時間を作ってください。
また、講座内では、受講生同士・講師とのディスカッションもあります。学びや受講生メンバーに真摯に向き合っていきましょう。

上級ウェブ解析士の資格維持について

上級ウェブ解析士は、ITコーディネータ資格取得の際に試験の一部が免除されます

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(以下、ITコーディネータ協会)が運営するITコーディネータ資格の「専門スキル特別認定資格」となっています。

専門スキル特別認定制度は「マーケットに近い立場におられるITC関連他資格者の、ITCとしての前提となる専門分野の知識および経験を専門スキルとして認定し、ITC試験の一部免除の特典を受けることができる」制度です。

43番目の専門スキル特別認定として、上級ウェブ解析士かつ正会員が認定されました。

※ITコーディネータ資格「専門スキル特別認定資格」についてはこちら

よくあるご質問

講座お申込みはこちら

上級ウェブ解析認定講座はこちらからお申込みいただけます。