ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターの資格レベルについて教えてください。

ウェブ解析はウェブサイトの内情がわかるアクセス解析だけでなく、ウェブサイトをとりまくウェブ市場、更に対象のビジネスの状況まで、非常に広い範囲を扱うものです。それらのウェブマーケティングに関わる「知識」を学べるのが「ウェブ解析士」です。

ウェブ解析士の本質は、ウェブというインフラを活用して事業に成果をもたらし社会に貢献することですから、対象の事業を深く知り、ウェブ戦略に落とし込まなければなりません。そのためのフレームワークやレポート作成を「実技」として学べるのが「上級ウェブ解析士」です。

このような、ウェブ活用を行なうことのできる人材を育て、導き、啓蒙する「インストラクター」としての役割と、自らも社会に貢献するウェブ解析士として実践を怠らない「スペシャリスト」としての役割の両方が求められるのが「ウェブ解析士マスター」です。ウェブ解析士マスターに至っては、受動的に学べるものではありません。4つの課題に対してご自身の知見とスキルを最大限に活かし、同期の受講生とお互いに切磋琢磨しながらクリアしていく内容です。

最初から上級ウェブ解析士やウェブ解析士マスターになることはできませんので、ウェブ解析士の資格から取得してください。

よくあるご質問から検索

オススメのワード:マスター / 上級

こちらの回答で解決できましたか?