ウェブ解析士の学習内容と取得の流れ

ウェブ解析士とは

ウェブマーケティングにおいて、アクセス解析をはじめとしたウェブ解析データを活用し、成果を出す仕事、それがウェブ解析士です。

ウェブ解析士は、アクセス解析を軸としたウェブ解析スキルを身につけ、データを読み取り、正しい判断ができるスキルを会得することを目標としています。

ウェブ解析士の学習内容

ウェブ解析士のカリキュラムは「公式テキスト」に詰まっています。ウェブ解析士になるための「認定試験」はこのテキストから出題されます。
テキストの内容や周辺情報をより深く理解し、試験に臨むためには「認定講座」を受けることもオススメです。講座は予習前提で進行するので、しっかりとテキストを読み込んでから受講しましょう。

公式テキストでは、以下の内容を学習できます。

第1章 ウェブ解析と基本的な指標
ウェブ解析の全体像、関連法規理解と基本的な用語について学びます。
第2章 環境分析とKPI
事業分析とユーザー分析に関するフレームワークを学びます。最終目標とその達成に必要なKPIのたて方、イーコマース・リードジェネレーション・アプリの計画立案方法も学びます。
第3章 ウェブ解析の設計
ウェブ解析を行うためには、どのような指標を取得するのか?の設計が欠かせません。各種ツールの設定方法、プロジェクトの進め方などを学びます。
第4章 インプレッションの解析
自社サイトにユーザーが訪れる前の状態、「インプレッション(表示)」についての解析です。商品・サービスを認知してもらうためにどのような手段があるか?を学びます。
第5章 エンゲージメント・間接効果の解析
最近ではSNSも欠かせないツールになりました。エンゲージメント(ユーザーの反応)や間接効果の計測を正しくできるようになり、自社サイトだけでは得られない大きな効果を出す方法を学びます。
第6章 オウンドメディアの解析
最終的にコンバージョンをさせるのは自社サイトになることが多いかと思います。前の章である、インプレッション・エンゲージメント・間接効果を踏まえた上で、自社サイト(オウンドメディア)の解析・運用について学びます。
第7章 ビジネス戦略ごとの重要な用語と指標
(発展:紹介のみ)
こちらは、上級ウェブ解析士で学ぶ内容となっており、「発展編」となっている章です。特に知っておいたほうが良いという点のみのご紹介となります。
第8章 レポーティング
レポートの作成方法、グラフの種類と利用方法、BIツール、論理構造など、ウェブ解析レポートを作成し、顧客を動かす(提案に納得してもらい、施策を実行してもらう)ために留意すべき点をお伝え致します。

ウェブ解析士認定までの流れ

1. 公式テキストを事前購入のうえ、予習

ウェブ解析士講座は予習が前提ですので、講座日までに熟読しておきましょう。講座や試験にはウェブ解析士公式テキストを必ずご持参ください。

2-1. ウェブ解析士認定講座にお申し込み(任意)

ウェブ解析士講座開催スケジュール をご覧いただき、ご都合の良いウェブ解析士認定講座にお申込みください。

  • 講座は1日約5時間で開催されます。
  • 講座は事前に公式テキストをお読みいただき、予習している前提で進行します。
  • 講座を受講せずに試験だけのお申し込みも可能です。

2-2. ウェブ解析士認定試験にお申し込み

ウェブ解析士試験開催スケジュール をご覧いただき、ご都合の良いウェブ解析士認定試験にお申込みください。

  • 試験はインターネットにつながるPCを使用して60分60問、4択問題でおこなわれます。
  • 合否はその場でわかります。
  • 合格後は、2週間以内に認定レポートを作成してください。

3. 合格後2週間以内に認定レポートを作成

  • ウェブ解析士試験合格後、2週間以内(受験日から起算して2週間(例:4月3日受験の場合、4月17日23時59分が期限))に認定レポートを提出してください。
  • 認定レポートは Google アナリティクスを操作し、エクセルシートに記入して作成します。
  • レポートが受理され認定されると、「ウェブ解析士」として名刺や履歴書などに記載し、活動する事ができます。
  • レポートの提出方法は、主催者や講師にご確認ください。
ご留意事項
  • レポートに不備があった場合は、主催者から再提出を求められる場合があります。
  • 試験合格後2週間以内にレポートを提出できなかった場合、再提出をしなかった場合、提出期限を過ぎてから提出した場合は、試験の合格は取り消されますので、ご注意ください。
  • 合格が取り消された場合、再度試験を受けていただく必要があります。再試験に合格後、再度レポートを提出していただきます。
  • ※ウェブ解析士の認定試験前後に関わらず、Google アナリティクス講座を修了した場合、認定レポート提出は免除となります。

4. 不合格後の再試験について

試験に不合格となった場合、もう一度お申し込みいただくことで再受験できます。

  • 不合格後の再試験は初回試験と受験・お申込み方法は同じです。
  • お申込みフォーム欄の再試験にチェックを入れてお申し込みください。
  • 毎年試験が変わります。該当年のカリキュラムは必ず年内(12月末まで)に受験してください。

Google アナリティクス講座(ツールトレーニング講座)

2016年より新設された、レポート作成に特化した講座です。ウェブ解析士認定講座とは別途お申込みいただけます。

約3時間で以下の内容が身につきます。

  • Google アナリティクスの構造や考え方を理解できる
  • 指標を正しく理解し目的にあったデータを適切に抽出できる
  • 仮説検証、問題発見、対策立案を意識した事業の成果につながるコメントを書ける
  • Google データポータル(旧 Google データスタジオ)の使い方がわかる

※ウェブ解析士取得者レベルの知識が必要です。
※ウェブ解析士試験合格前後に関わらず、Google アナリティクス講座に参加した場合は、認定レポート提出は免除となります。
※ウェブ解析士取得者以外でも受講可能です。

Google アナリティクス講座のスケジュール をご覧いただき、ご都合の良い日程にお申込みください。

ウェブ解析士の資格維持について

ウェブ解析士の資格を保持し続けるためには、以下の条件を満たすことが必要になります。

  1. フォローアップテストの合格
  2. 年会費のお支払い

フォローアップテストとは

新しいカリキュラムの内容を元に、知識をアップデートすることを目的としたテストです。正会員・法人会員が追加費用なし(無料)で受験できます。

資格維持には毎年、フォローアップテストの合格が必要ですが、今年度(〜12月31日)に新しく資格を認定(上位資格への合格も含む)された方は最新のカリキュラムを学んでいるため、今年度のフォローアップテストの受験は不要です。

フォローアップテストは合格するまで毎月受けることができ、不合格になっても次の月から受け直すことができます。

フォローアップテストに合格しなかった場合(次年度の対応)

次年度の年会費をお支払いいただいても、今年度のフォローアップテストに合格できなかった場合は、次年度から「非会員」となります
もし退会を希望される場合は、休会・退会について をご覧ください。

※非会員となったあとに資格復帰を希望される場合、「ウェブ解析士」から受験いただく必要があります。

ウェブ解析士 取得にかかる費用

ウェブ解析士認定まで

ウェブ解析士認定講座の受講は任意ですが、テキストの理解が深まった、同じ受講生とのつながりができた、といった感想が多く寄せられています。講師の実務経験などを伺える機会でもあるので、初心者の方や上級を目指す方は受講をオススメいたします。

独自学習+認定講座+認定試験

  • 公式テキスト 4,400円
  • 講座費用 11,000円
  • 試験費用 17,600円(認定費用込)
合計 33,000円

独自学習+認定試験

  • 公式テキスト 4,400円
  • 試験費用 17,600円(認定費用込)
合計 22,000円

Google アナリティクス講座

ウェブ解析士の認定レポートは Google アナリティクスを扱うことを目的としたものなので、Google アナリティクスの基礎を学べるこの講座を受講すると、認定レポートの提出が免除されます。受講は任意です。

  • 受講費用:22,000円

再試験

試験に不合格となった場合、再試験は1回ごとに以下の費用が必要です。

  • 再試験費用:12,100円

年会費

ウェブ解析士の資格を保持し続けるためには、フォローアップテスト(無料)の合格と、年会費のお支払いが必要です。

  • 個人(正会員):6,600円
  • 企業(法人会員):2種類のパックがあります

ウェブ解析士に合格して認定を受けると、自動的にウェブ解析士協会の会員として登録されます。初年度(認定年の12月31日まで)は年会費無料です。翌年度(認定年の次の年の1月1日から)の資格を維持するために、年会費が発生します。

会員制度について詳しくは ウェブ解析士協会 会員制度について をご覧ください。

ウェブ解析士認定講座のQ&A