企業の方へ(社内研修)

当初、ウェブ解析士は個人が自らのスキルアップのため受講する方が大半でしたが、最近は社員のスキルアップのため、ウェブ解析士の団体受講を設けたり、推奨したり、義務づける企業が増えています。

事業の成果につなげるウェブ解析士を社内で育て、活躍する機会を作ってくださる企業が活躍できる環境をつくることもウェブ解析士協会の大事な使命だと考えています。また、社内で活躍するウェブ解析士の実務機会やスキルアップも、企業と一緒に実施していくことで、ウェブ解析士も働きやすくなる環境を作りたいと考えています。

ウェブ解析士のお申し込みから資格取得までの流れ

研修内容

講座では、事前に公式テキストの内容を予習いただいた上で進行します。
公式テキストでは、以下の内容が学習できます。

第1章 ウェブ解析と基本的な指標
ウェブ解析の全体像、関連法規理解と基本的な用語について学びます。
第2章 環境分析とKPI
事業分析とユーザー分析に関するフレームワークを学びます。最終目標とその達成に必要なKPIのたて方、イーコマース・リードジェネレーション・アプリの計画立案方法も学びます。
第3章 ウェブ解析の設計
ウェブ解析を行うためには、どのような指標を取得するのか?の設計が欠かせません。各種ツールの設定方法、プロジェクトの進め方などを学びます。
第4章 インプレッションの解析
自社サイトにユーザーが訪れる前の状態、「インプレッション(表示)」についての解析です。商品・サービスを認知してもらうためにどのような手段があるか?を学びます。
第5章 エンゲージメント・間接効果の解析
最近ではSNSも欠かせないツールになりました。エンゲージメント(ユーザーの反応)や間接効果の計測を正しくできるようになり、自社サイトだけでは得られない大きな効果を出す方法を学びます。
第6章 オウンドメディアの解析
最終的にコンバージョンをさせるのは自社サイトになることが多いかと思います。前の章である、インプレッション・エンゲージメント・間接効果を踏まえた上で、自社サイト(オウンドメディア)の解析・運用について学びます。
第7章 ビジネス戦略ごとの重要な用語と指標
(発展:紹介のみ)
こちらは、上級ウェブ解析士で学ぶ内容となっており、「発展編」となっている章です。特に知っておいたほうが良いという点のみのご紹介となります。
第8章 レポーティング
レポートの作成方法、グラフの種類と利用方法、BIツール、論理構造など、ウェブ解析レポートを作成し、顧客を動かす(提案に納得してもらい、施策を実行してもらう)ために留意すべき点をお伝え致します。

ウェブ解析士が人気の理由

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら「よくあるご質問」もご確認ください。解決できない・よくわからないといったお悩みは、下記のウェブ解析士協会事務局へお問い合わせください。