上級 Google タグマネージャー講座

カスタマーアナリティクスへの対応をはじめ、実用的な精読率やITP対応などの課題に対して、実際にGoogle タグマネージャーの操作もしながら設定に必要な知識をオンライン学習サイトで学ぶことができます。

このような方にオススメです

上級 Google タグマネージャー講座
  • Google タグマネージャーの基本的な理解ができていて、設定もできるが、カスタムHTMLを使うほどではない
  • JavaScriptやPHPの役割はわかるけれど、自分でコーディングは困難
  • カスタマーアナリティクスを実現するカスタムディメンションの設定を実現したい
  • 精読率などのコンテンツ評価指標に興味があり、具体的な設計方法を知りたい
  • ITPにより広告などのトラッキングが困難になり解決策を探している

ウェブ解析士の資格取得者以外でも受講可能ですが、上級ウェブ解析士取得済の方にオススメです。

講座で学べること

  • Google タグマネージャーを高度に使いこなす設定を理解し、実装
  • 高度なカスタマーアナリティクスを実現するGoogle アナリティクスの設定をGoogle タグマネージャー上に再現
  • 滞在時間やサイトスクロールをJavaScriptで取得し、カスタムメトリクスとして設定
  • ITPに対応するためにPHPとJavaScriptでCookie情報の入出力をして、必要なトラッキングを実現

講座概要

ウェブ解析士協会サイトのリニューアルにともない、Google タグマネージャー およびGoogle アナリティクスの仕様を全面的に見直しました。以下の課題をGoogle タグマネージャーによってどのように解決したのか、実際の画面を確認しながら解説します。

1. カスタマーアナリティクスの対応

まずはペルソナとカスタマージャーニーマップを用いたカスタマーの定義と、その定義にもとづくカスタムディメンションを利用しています。その内容を解説します。

2. 実務で使える新しい精読率の設計

Google タグマネージャーとイベントによって精読率を測定する方法は以前からありましたが、有用な指標が取りにくい問題がありました。

そこでウェブ解析士マスターの神谷さんが独自にGoogle タグマネージャーとGoogle アナリティクスのカスタムメトリクスを活用し、より有用な精読ページビュー数、精読ページビュー率、加重精読ページビュー率を開発しました。その内容を説明します。

3. Safari中心に実装がすすむITPへの対応

ITPの実装により、iPhoneを中心に使われるSafariにおいてJavaScriptによるCookieが7日で消されてしまう問題が起きています。そのためCNAMEを変えるなどの改良をしないとユーザーベースの解析ができない問題が起きています。ここではその解決策を紹介しています。

講座の流れは以下のような構成です。

  • イントロダクション
  • 設計の前提
  • カスタマーアナリティクス
  • 精読ページビュー率
  • ITP対応

受講に必要なもの

動画とPDFを見ながらの講座になりますので、インターネットにつながるPCでご受講ください。

また、

  • HTMLのアップロード権限があるウェブサイト
  • Google タグマネージャーのアカウントおよびGoogle アナリティクス (ga.jsより新しいトラッキングコード)

があると学んだことを実践できるのでオススメです 。

受講費用

22,000円(税込)
※3月講座はモニター価格として 5,500円(税込)にてご提供します。
いただいたご意見・ご感想をウェブに公開することがある点、ご了承ください。

受講方法

下記より、お申込みください。
ご入金確認後、オンラインで学習可能なサイトのID/PASSをお伝え致します。

修了条件

1ヶ月の期間中、各章の課題について回答し、最終画面までたどり着いたのものを合格とします。1ヶ月後に再受験する場合は再度同額の講座費用が必要となります。 修了した受講生には、修了証を発行します。

問い合わせ先

情報価値研究所株式会社
director@cvrlabo.com もしくは ejiri@waca.associates