「2011年 ウェブ閲覧環境分析レポート」を発表

Pocket

News Release
2012年1月23日
株式会社 環(カン)
「2011年 ウェブ閲覧環境分析レポート」を発表
~ スマートフォン・タブレット端末拡大、画像解像度の画面高さは800px以下が過半数を占める ~
<http://www.sibulla.com/column/report_website_analize_2012_01/>
 株式会社 環(本社:東京都新宿区、代表取締役:江尻俊章、以下「当社」)は、当社が開発・運営すウェブアクセス解析ツール「シビラ(sibulla)(※1)」のログデータを元に、インターネットユーザがウェブサイトを閲覧する際の「OS」、「ブラウザ」、「画面解像度」の3つの閲覧環境について集計を行い、分析結果を「2011年 ウェブ閲覧環境分析レポート(以下、「本レポート」)」として発表いたしました。
 
 2011年の閲覧ユーザーの特徴として、(1)「横長ディスプレイ」の流れ、 (2)スマートフォン及びタブレット端末環境での閲覧ユーザー拡大傾向、(3)画面高さ(縦の解像度)の800px以下シェア拡大傾向が見られました。それぞれの項目の特徴について、以下に記載いたします。
(1)「横長ディスプレイ」の流れ
 2011年のノートPCの主流であった「横1366x縦768」の閲覧ユーザーシェア【図1】は、2009年下半期5.0%、2010年下半期6.2%(前年同期比+1.2ポイント)、2011年下半期13.0%(同+6.8ポイント)とシェアを大きく拡大しています。これに伴い1366px以上の横幅(解像度)での閲覧シェア【図2】も、2011年下半期に3割(28.7%、前年同期比+6.6%)と拡大しています。
(2)スマートフォン及びタブレット端末環境での閲覧ユーザー拡大の傾向
 2011年はスマートフォンやタブレット端末の普及やウェブサイト最適化の取り組みも進み、スマートフォン、タブレット全体(iPhone/iPod、iPad、Android)ではまだ5%程度のシェア【図3】ながらも、シェアの拡大傾向が見られます。また、今後も利用ユーザー数が増加する流れから、2012年も拡大していくと予測されます。
 
(3)画面の高さ(縦の解像度)の800px以下シェア拡大傾向
 画面解像度上位一覧表【図4】の800px以下の合計で46.4%、これに含まれないスマートフォンやタブレット端末を加えると過半数を超えるユーザーが800px以下の画面の高さ(縦幅)で閲覧しています。前「(2)項」での傾向を鑑みると、今後も800px以下のシェアが拡大していくと予測されます。
 本レポートの詳細は、以下の「シビラ(sibulla)」サイト内のコラムに掲載しております。
 ▼2011年ウェブ閲覧環境分析レポート~シビラのログを元に環境の変遷をレポート~
  http://www.sibulla.com/column/report_website_analize_2012_01/
 今後、当社では、本レポート(ウェブ閲覧環境分析レポート)を四半期毎に分析結果を公表してまいります。本レポートの発表により、ウェブサイト運営者並びにウェブ制作事業者の方々のユーザーを意識したサイト運営や制作の促進、事業の成果へと結びつく情報提供や環境創りを推進してまいります。
以上
【本件リリースに関するお問合せ先】
 株式会社 環
 広報担当 原田 <e-mail:info@kan.co.jp>
 TEL: 03-5358-4134  FAX: 03-5358-4135
【「シビラ(sibulla)」のサービスに関するお問合せ先】
 株式会社 環
 シビラサポートセンター <e-mail:support@sibulla.com>
 フリーダイヤル: 0120-465-033 
【株式会社 環 概要】
 ◆株式会社 環
 ◆設立:2000年2月
 ◆代表者:代表取締役社長 江尻俊章(JWDA理事 ウェブ解析&リサーチ委員会委員長)
 ◆所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-8-5 新栄ビル2F
 ◆業務内容:アクセス解析ツールの開発・提供及びコンサルティング、ウェブサイトの企画・開発・
       運用及びシステム開発、ビジネス支援ソリューションの企画・開発・運用、JWDAウェブ
       解析士認定講座運営事務局
 ◆URL: http://www.kan-net.com/
 ◆JWDAウェブ解析&リサーチ委員会「ウェブ解析士」URL: https://www.waca.associates/jp/
図表はこちらから。
Pocket