【参加希望・意見募集】ウェブ解析標準化委員会

Pocket

ウェブ解析標準化委員会について意見をいただきました

意見と参加希望を募ります。
実現方法として、

  • 独立した委員会として設立
  • カリキュラム委員会の一活動として設立

の2通りを考えています。
また、意義をふまえるとウェブ解析士協会会員のみでは不十分です。
ツールベンダーや幅広業界の方から意見を聞くべきでしょう。
この委員会はウェブ解析士以外もオブザーバとして参加できるようにすべきですね。

参加希望者が10人を超えるならば実施、とします。
このフォームにご記入ください

私個人的にはa2iさんが頑張ってるのと同じことを別団体がしない方がいいと思ってるんですけどね、でも必要と思う方が多ければ場を提供すべきでしょうね。

■あったらいいなと思う委員会
指標の定義およびその指標の取得方法の標準化を進めることを目的とする委員会があったらいいのではと思います。
■なぜ、そう思うのか
リニューアルにあたって解析ツールを変更すると
必ずリニューアル前との数字の整合性が問題になります。
「ツールの計測方法による誤差です。」ということになるのですが
場合によっては、そもそも数字の扱い方が間違っているという状況も多々あるような気がします。
そのような状況に対して、結局のところ、
たまたまそのフェーズに居合わせたウェブ担当者が責められるという理不尽な状況が、
ここかしこにあるのではないかと思っています。
また、その対応の善し悪しがウェブ解析の信頼度を決定しているとしたら
ウェブ解析士としては看過してはいけないのかなと思います。

■具体的な委員会のイメージ

イメージとしては、ウェブアクセシビリティの規格の普及を進めている
ウェブアクセシビリティ基盤委員会 http://waic.jp/
のイメージです。

1)指標の定義
a2iでも同様の取り組みしていますが、それをもっと様々なケースに対して示すようなイメージです。
http://a2i.jp/activity/release/4947

これに相当するのは「WCAG 2.0 実装方法集”Techniques for WCAG 2.0″」になります。
http://waic.jp/docs/WCAG-TECHS/Overview.html
このページではアクセシビリティ対応の方法を具体的に示しています。

2)ツールの定義
ツールが1)の条件を満たした数字を正しく計測できていることを確認するためのテスト方法を示すイメージです。
これに相当するのは次のページの内容です。
「W3Cの “Techniques for WCAG 2.0” で挙げられている達成基準を満たすことのできる実装方法をユーザーエージェント(支援技術やブラウザ)がサポートしているかどうかを検証するために本委員会が作成したテストファイルです。」
http://waic.jp/docs/jis2010/as-tests.html

http://hobbit.ddo.jp/awstatsdocs/awstats_faq.html#DIFFERENT_RESULTS
このページの「FAQ-COM250 : 他のログ解析ツール(Analog, Webalizer, WUsage, wwwStats…)と異なる結果が出ます」のように
このログを解析した時、こういう結果を出さなかったら、そのツールはNG みたいなことを示せたらいいなと思います。

その後やりとりで、私から下記のようにメールしました。

1)指標の定義
a2iでも同様の取り組みしていますが、それをもっと様々なケースに対して示すようなイメージです。
http://a2i.jp/activity/release/4947
様々なケースに対してとはどんなイメージでしょうか?
コマースの場合、とかサポートサイトの場合、などを示すイメージでしょうか?
教えてくださると嬉しいです。

回答で頂いた、このメール言葉も追記しておきます。

具体的な例がいくつもあるわけではないのですが
私がイメージしていたのは江尻さんがおっしゃることより
もう少し細かい視点でした。
たとえば
・ユニークユーザー数とは○○である。などのそもそもの定義とか
・ユニークユーザー数はこういうカウントをしてはいけない。とか
・ユニークユーザー数はこれと組み合わせないと意味がない。とか
です。

本来そんな数字の取り方じゃ価値がない(間違っている)数字が
普通に何年にもわたって指標として絶対になっているため
価値のある(正しい)数字を出しても通らない
みたいなことを防ぎたいというのが、私のイメージです。

今だと声の大きい人勝ちなんです。
そういう時に
「以前の数字がどのような根拠のものか知りませんが、
私はWACAの定義する”訪問数”に準拠してカウントしています。」

「私の個人的な考えではなくWACAの定義に準拠して数字を出しているんですよ。」って
言い切って不毛な議論を止めれたらいいなっていうイメージです。

でも、江尻さんのいう指標のサイト毎の定義化ってのもいいですね。
それは思いつかなかったです。
WACAがそれを示すことができたら、
モニタリングレポートの書式も業界ごと統一されていけるでしょうし。
さすが、江尻さんですね。

Pocket