会員組織

ウェブ解析士協会は会員が中心となり運営しています。会員になるにはウェブ解析士の認定を受け、資格を維持する必要があります。
希望者は会員組織の運営に参加することができます。

会員組織に参加するメリット

  • 経験豊富な上級ウェブ解析士やウェブ解析士マスターの仕事に触れることができます。
  • 最新の情報をキャッチアップできます。
  • ウェブ解析士マスターは委員会・分科会・研究会の常任委員になることで資格維持条件を一部満たすことができます。

各組織の役割

  1. 理事会
    1. 全体の意思決定
    2. 理事長・部長の人選
  2. 部長会議
    1. 各組織の円滑な運用・情報共有
    2. ウェブ解析士会員満足度の向上
  3. 幹事部
    1. カリキュラム委員会
      1. 幅広く受講してもらうための商品開発
      2. カリキュラムの品質向上
      3. 受講機会の創出・拡大
    2. ブランディング委員会
      1. 協会(ウェブ解析士)の認知向上
      2. カリキュラム・商品の伝導
      3. 解析士のブランディング
  4. 会員部
    1. エリア委員会
      1. 各支部の会員更新数の増加(新規、既存)
    2. メンバーシップ委員会
      1. 会員満足度の向上
      2. 解析士のコミュニティづくり
      3. 会員更新、倫理規定、協会コンプライアンスの作成および意思決定
    3. エンタープライズ委員会(法人会)
      1. 法人会員満足度の向上
      2. 新規法人会員の獲得
  5. 事務部
    1. 事務局
      1. 認定証発行
      2. 主催者管理
      3. 研究会管理
      4. 会員部・幹事部の支援
    2. 研究会
      1. 研究会は、会員以外でも参加することができます。それぞれが自立・独立採算を目指す独立組織として活動しています。

組織図

  • 理事会
    • 部長会議
      • 幹事部
        • カリキュラム委員会
        • ブランディング委員会
      • 会員部
        • エリア委員会
        • メンバーシップ委員会
        • エンタープライズ委員会(法人会)
      • 事務部
        • 事務局
        • 研究会