導入企業インタビュー「株式会社博報堂DYインターソリューションズ」

博報堂DY様

(写真左から)

インタラクティブマーケティングユニット データマーケティンググループ
グループマネージャー 井上 良太様(ウェブ解析士マスター)

経営企画室 人事・総務チーム
是永 真太郎様(初級ウェブ解析士)

博報堂DYインターソリューションズ様にはウェブ解析士講座を開催することが可能なウェブ解析士マスターが在籍。

新人研修をはじめとした社内研修に、ウェブ解析士講座を取り入れるなど、デジタルマーケティングのスキルアップに高い意識を持って取り組まれています。ウェブ解析士講座を新人研修に採用した経緯を含め、マスターという立場から今までにないお話が聞けました。

普段どのような業務に取り組んでいらっしゃいますか?
井上
博報堂DYグループ全体でデータを扱っている部署はたくさんありますが、私たちはその中でも特にデジタルやウェブ関連のデータを使って、コミュニケーションのプランニングや効果検証を行っている専門的な部隊になります。

具体的には、お客様が抱える課題の解決にむけて、アクチュアルなデータを使用したコミュニケーションの計画立案や、様々なマーケティング施策の効果検証を行っています。

“アクチュアルなデータ”とは、例えばサイトにアクセスしたユーザのアクセスログのような生活者の実際の行動情報をもとにした全数データのことです。

是永
是永さん

経営企画室の人事・総務チームの所属になるので、本社視点で本日はお話できればと思います。

業務としては、広報的な業務や、人事の採用業務等本社的な業務を行っていますが、以前は私も現場でデジタルメディアのプランニングに携わっておりました。

博報堂DYグループの中で、デジタルを基軸としたデジタルマーケティング領域のプロフェッショナルであるというマインドを強く持って業務に取り組んでいます。

制作プロデュースからメディアプランニング、ソーシャルメディアマーケティング、データマーケティングなど多岐にわたる領域を、デジタルマーケティングのプロフェッショナルとして自覚し、行動しているのが、グループの中での弊社の大きな特徴だと考えています。

御社の新人研修でウェブ解析士の講座を採用いただいて、登壇もされている井上様にお聞きしたいのですが、どういったところに価値を感じていただいて、新人研修にご採用いただいたのでしょうか。
井上
我々がお取引させて頂いているお客様の課題の中には、ウェブやデジタルの基本的な知識がないと解決できないものが増えてきています。

例えば、マスメディアの出稿計画であっても、コミュニケーションの全体設計という視点まで引いてみると、ウェブを掛け合わせてどのように活用していくか、というテーマが必ずでてきます。

このように、ウェブマーケティングに関する知識や経験がますます重要になってきているにも関わらず、それを体系立てて学ぶことができる仕組みがほとんどありませんでした。

その点、ウェブ解析士講座は学びのプロセスがよく整理されており、講師の立場としても体系立てられた各章ごとに、受講者の理解度を確認しながら進めていくことができるので、スキルアップ教材として高い価値を感じています。

ウェブ解析士マスターとして登壇されてみて良かった点はありますか?
井上
そうですね、講師という客観的な立場に立って現場のスキルや知識を眺めることで、会社として強化が必要な点に気づきを得ることができたのは思わぬ収穫でした。

具体的に必要と感じたことを、社内でプロジェクト化し、改善の流れを作ることができたのも結果的に研修を実施したことによる相乗効果だと思います。

井上様の講義を受講した前後で何か変化がありましたでしょうか。
是永
何気なく得た知識がたまっていると思うのですが、テキストで俯瞰し、受講することでバラバラだったものが整理され、自分の知識として昇華させる良い機会になりました。

複数人で受講し、まわりも一緒に勉強しているので、競争意識が芽生えてモチベーションアップにつながりました。

御社への転職・就職を希望されている人が、ウェブ解析士という資格をもっているのは歓迎されますか?
是永
もちろん歓迎します。特に、井上が所属しているデータマーケティンググループでの業務などは、資格で培った知識が活かせるポジションかと思います。

その他、デジタルプロデューサー・プランナーの業務でも歓迎されるものだといえますね。

どんな意識をもった方を採用したいと考えますか?
井上
そうですね、どんなに素晴らしい資格をもっていたとしても、自分が成し遂げたいこと、目指したいゴールが明確でないと宝の持ち腐れになってしまいます。

ですので、私たちは採用の際に資格保有を優遇しつつも、自身のキャリアイメージを強く意識しているかどうかを重視します。

是永
井上が申し上げたことに加えて、弊社で活躍している社員の傾向も考えると、広告やWebコンテンツ・Webサービスが好きということも非常に大事だと思います。
ウェブ解析士マスターの立場から、受講を考えている人に一言お願いします。
井上
繰り返しになりますが、講座で学ぶことがご自身の仕事の中でどのように活かせるのかをイメージしておくことが重要です。そのほうがより理解も深まりますし、実務に役立つと思います。

そのためには事前準備、予習しておくこともすごく大事ですね。

ウェブ解析士マスターではなく、受講した側で一言お願いします。
井上
そうですね、言葉を“知っている”ことと、相手に説明できるくらい“理解している”ことの差はとても大きいと思います。相手に説明するためには、全体を理解していないといけない。

そういう意味では、ウェブ解析士講座は、ウェブマーケティングの全体を捉えつつも、言葉の意味を説明できるところまで詳しく体系立ててまとめられているので、実際の業務でもとても役立っています。

はじめの一歩は踏み出しづらいかもしれませんが、完璧でなくてもよいので、まず現場で一度言葉に出して説明してみることは大事だと思います。

是永
今まで蓄えてきた知識の再確認の場はあまりないので、そういう機会にうまく講座を利用して頂くと良いのではないでしょうか。

実は、弊社の社長もウェブ解析士の資格を持っていまして、現場に限らず本社の人間もウェブ解析士の資格を取得することを推奨しています。

会社としてデジタルマーケティング領域を軸足にし、全員がその意識をもって業務に取り組んでいる会社であることを自覚する機会を、ウェブ解析士講座は提供してくれていると考えています。

井上
井上さん今後、様々な端末や機器がネットワークで繋がってくると、もう“ウェブ解析士”という枠ではなくて、“デジタルマーケティング解析士”みたいなそんな規模に段々なってくるんじゃないかと思っています。

希望としては、そういったロードマップも含めてウェブ解析士の講座の中で話ができると、キャリアイメージも含めて、すごく可能性が広がると考えています。

協会ではスキルアップ講座やエキスパート講座なども実施していますので、こういった講座も勧めて受講者のスキルアップをサポートしていきたいですね。

初級ウェブ解析士をとって終わりではなく、その先に何があるのかというのを見せてあげるのも受講者のモチベーションにつながりますね。
本日は貴重なお話、ありがとうございました。

インタビュー 一覧へ戻る

導入企業インタビュー