ウェブ解析を学ぶ

ウェブ解析とは

ウェブ解析」とは、アクセス解析などのウェブで得られるデータだけでなく必要とされるあらゆるデータをもって、事業の成果につながる改善サイクルを継続的に回していくことを指します。これが身につくと、データから事業の現状、課題を読み取り、事業の成果に結びつく正しい判断ができるようになります。

ウェブ解析士のカリキュラム

ウェブマーケティングの知識・スキル会得に際して基盤となるウェブ解析について、「体系的に学べる環境」及び「スキルの評価基準」が必要であると考え、ウェブ解析士協会のカリキュラム委員会が中心となり、認定講座及びスキル評価の基準としての認定資格として「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3段階を、オリジナルテキストを含めて独自に開発いたしました。

ウェブ解析士の認定講座・認定試験は全国で開催されています。オフラインの会場だけでなく、オンラインの会場もございます。講師は経験豊富な「ウェブ解析士マスター」が担当しています。

また、ウェブ解析士の認定講座以外にも、体験講座や Google アナリティクスを学べる講座、更に一般の方も参加できるセミナーも多数開催されています。

ウェブ解析士になるメリット

「ウェブ解析士」は中小企業診断士やITコーディネーター同様、司法試験や公認会計士等のような国家資格ではありませんので、ウェブ解析そのものは、資格を取得しなければできない業務ではありません。

しかしウェブ解析士の資格は、数値を解析することはもちろん、「なぜ数値を解析しなければならないか」までを学ぶことができるという点で、多くの方にお勧めいただいています。さまざまな企業における社内研修、採用、人事考課等にも用いられるようになりました。

具体的には以下にまとめておりますので、ご覧ください。

ウェブ解析士になるメリット

Pocket