オウンドメディアの運用で最も大切なことは〇〇!外注化のオススメ業者と注意点

集客専門のWebマーケターをしております、市野と申します。

オウンドメディアの運用でお困りの方はぜひこの記事をごらんください。

目次

オウンドメディアの運用で大切なこと

オウンドメディアの運用をはじめる際にもっとも大切なことは「運用体制を整える」ことです。

そもそもオウンドメディアの目的は、自社や取り扱う商品・サービスの認知拡大とファンになってもらうことです。

商品のできた背景やどのような思いで商品・サービスが開発されたのかといった開発者しか知り得ない裏話を伝えることで、読者がただの購読者から自社の商品・サービスのファンになっていきます。

顕在的悩みを抱えていた読者もオウンドメディアのコンテンツを購読することで、初回購入に繋がり、リピーターとなる可能性もあります。

そのために必要なことがオウンドメディアでの定期的な情報発信です。

常に最新の情報を読者に提供することが必要になってきます。

しかし、オウンドメディアの運用に1〜2人を割いたところで、日々の業務に時間を取られ定期的な発信をしていくことは困難です。

そこで、大切になってくることが、オウンドメディアの運用の作業内容を分担して運用の体制を整えることです。

オウンドメディアの運用前に作業内容をリスト化して、分担していくことで定期的な情報発信が可能になります。

自社内で運用が難しいと判断した場合は、コンテンツ制作の専門家に外注することをおすすめします。

オウンドメディアの作業内容

オウンドメディアの作業内容は大きく分けて5つあります。「キーワード選定、コンテンツ企画・制作、編集・校正校閲、自社コンテンツ分析・改善、自社コンテンツ作成の体制作り

」です。

作業内容を把握することで外注化して切り出すべきか、自社で運用できるか把握できるようになります。

キーワード選定

オウンドメディアの運用で重要な一つにキーワード選定があります。オウンドメディアの運用のコンテンツはGoogleの検索結果の上位表示がユーザーの主な獲得元となっています。

そのため、SEO対策が必須となります。

SEO対策を行うため、Googleでの検索ボリュームを調査してオウンドメディアの目的にあうユーザーが使いそうなキーワードでコンテンツを作成します。

具体例

自社の運営するオウンドメディアが「賃貸物件のお問い合わせを増やす」ことが目的のサイトである場合、ユーザーがどのようなキーワードで検索をかけているのか調べる必要があります。(中目黒 一人暮らし 大阪 単身赴任 賃貸 福岡 駅近 アパート )

コンテンツ企画・制作

オウンドメディアの運用で最も重要な工程がコンテンツ企画・制作です。コンテンツの企画・制作の質がオウンドメディアへのユーザーのアクセス数、リピートを左右しています。

事前に調査を行ったキーワードをもとにコンテンツの企画を決めていきます。ユーザーがどんなことに悩み検索をかけたのか、ユーザーの検索意図を考えながらコンテンツの作成を行います。

せっかくキーワード選定で良いキーワードを選択できたとしても、コンテンツの内容が検索ユーザーの検索意図にそぐわなかったり、悩みを解決できるコンテンツではない場合、ユーザーはコンテンツからすぐに離れてしまいます。

そのため、コンテンツの制作はサイト内のコンテンツ量はもちろん大切ですが、質がなにより大切になってきます。

弊社では、質が濃いコンテンツとは、「検索ユーザーの悩みを解決でき、お気に入り登録やSNSでシェアしたくなるようなコンテンツのこと」と定義しています。

編集・校正校閲

作成したコンテンツは、一晩寝かせて改めて自身で見直すことをおすすめします。さらには、編集・構成担当者にもチェックしてもらいましょう。

どんなに記事執筆がなれたベテランライターにも誤字脱字はおこります。誤字脱字のあるコンテンツでは、内容がすばらしい記事になっていても信頼が落ちる可能性があります。

オウンドメディア内のコンテンツの質を上げるためにも、誤字脱字のチェックを行い、担当者も割り振ることをおすすめします。

よく誤字脱字が起こりうるポイントをチェックリストにすることで、チェックが容易にできます。

自社コンテンツ分析・改善

投稿したコンテンツは、投稿して終わりではありません。作成したコンテンツの訪問者数や訪問者がオウンドメディアの目的に沿った行動を行っているか分析をする必要があります。

Google AnalyticsなどのGoogleが提供している無料ツールを使用してデータをまとめてみましょう。

データをより細分化して分析することで、次回のコンテンツの企画に活かせたり、オウンドメディアの目的に合うユーザーの獲得が行えるようになります。

データ分析を専門にする担当者を決めることを重要です。

自社コンテンツ作成の体制作り

定期的なコンテンツ制作の要となる部分が体制作りです。体制が作れず、不定期のコンテンツ制作になってしまったことで、全く機能していないオウンドメディアがインターネットには無数と存在します。

全て外注で企画・制作を行うにしても必ず自社内でコンテンツの質を管理する必要が出てきます。その際に誰がどんな基準でチェックを行うのかを決めておくことでオウンドメディアのテーマや基準に沿ったコンテンツの作成ができます。

定期的なコンテンツ作りを行うために、初めから体制を整えていきましょう。

オウンドメディアの運用体制を整える3つのポイント

オウンドメディアの運用で最も大切なことが運用体制を整えることです。運用体制を整えるポイントを3つお伝えします。

お伝えする3つのポイントを抑えることで自社のオウンドメディアの目的にあった成果があげられます。

運用スケジュール

オウンドメディアの運用の目的・ペルソナの設定・コンセプト設計・ゴールまでの導線作りなど、半年、1年先を見越した売上の戦略を立てることが必要になります。

短期的な視点でのスケジュールでは、一時的な売り上げを立てる施策のみになってしまい、運用者の作業負担が負担が増えてしまいます。

運用体制を整える段階より、運用責任者と会社のトップ層でスケジューリングを行い、3ヶ月ごとに経過を報告できる環境を整えましょう。

業務の細分化

オウンドメディアの作業内容を細分化して、下記参考に誰に割り振るのか決めましょう。

担当者

  • コンテンツディレクター
  • 校正・校閲担当
  • ライター
  • デザイナー
  • 専門家

作業内容

  • キーワード選定
  • 記事執筆
  • 校正・校閲
  • 投稿・アップロード
  • 投稿分析
  • 改善

オウンドメディアの目的はスケジュールを作成する際に決まっているので、目的を常に運営メンバーが把握できるように心がけましょう。

メンバー全員が目的を把握して、企画・制作を行わなければオウンドメディアで成功することは困難です。

また、常に作成したコンテンツの内容は改善していきましょう。書き手と読み手で認識違いが出てしまい、思うような成果につながらないことがあります。

分析したデータをもとに読み手が離脱したコンテンツはどのページで何が原因か仮説を立てて改善を繰り返しましょう。

予算の割り振り

スケジュール、担当者の割り振りが決定したところで、オウンドメディアに予算を出せるか検討していきます。

オウンドメディアの強みは、長期的に広告費をかけなくても新規顧客獲得につながることです。

広告費用に割り振りを考えていた予算をオウンドメディアの運用のに割り振り長期的に運用できる体制を整えていきましょう。

外注と検討していた業務が想定外に費用がかさむ場合は、外注企業の再検討や多数の企業より相見積もりを依頼しましょう。

オウンドメディアの運用の外注化

オウンドメディアの運用の外注内容も自社の内部でどの程度作業を行えるかにより異なります。

定期的なコンテンツ作成を目的にした場合、目的達成をするためにどの作業内容を依頼をするかを運用前に決めましょう。

完全外部委託【外部委託の種類がある】

オウンドメディアの運用の責任者は存在するものの、実作業を行うものがいない状態です。

実作業を行えず、確認のみの場合、外注企業と連絡を取りながら連携を行いましょう。

企画の外部委託【外部委託の種類がある】

オウンドメディアの運用の責任者、記事執筆者は存在するものの、企画を考えるリソース、スキルがない状態です。

オウンドメディアでの企画はコンテンツ制作のキーワード選定や構成案の作成等のコンテンツ内でのキーワードの被りを防ぐためです。

制作の外部委託【外部委託の種類がある】

オウンドメディアの運用の責任者、企画担当者は存在するものの、記事執筆のリソース、ライティングスキルがない状態です。

コンテンツの文章や挿入画像、サイトへのアップロードを外注企業へ依頼をします。

記事の量の確保につながり、ボリュームのあるオウンドメディアの作成に効果的です。

運用業務を外注するときの料金相場や注意点

暴利な金額を請求する企業も多いです。自社内で賄えることを把握して適切な価格での依頼を行いましょう。

外注したときの料金相場

オウンドメディアの運用を外注した場合のおおよその金額をお伝えします。企業ごとや依頼内容により価格は変動しますが、相場料金を把握することで暴利な外注企業を見抜くことにつながります。

価格はあくまで参考程度にお考えください。

  • オウンドメディアの構築のみ外注(記事制作、SEO対策、戦略立案・分析は自社)する場合。
    • 初期費90万~200万円、ツールの利用料1万~5万円
  • オウンドメディアの構築、記事制作を外注(SEO対策、戦略立案・分析は自社)する場合。
    • 初期費90万~200万円、ツールの利用料1万~5万円
    • 毎月のコンテンツ制作費(3万~90万円)。

 コンテンツ制作費は、記事の本数や記事に求める質に応じて、変動します。

  • SEO対策、戦略立案、分析も外注上記に加え、プランニング費や分析費が発生。
    • 初期費90万~200万円、ツールの利用料1万~5万円
    • 毎月のコンテンツ制作費(3万~90万円)
    • さらに会社によって異なりますが、30万~500万円程度。

なお、上記には、コンテンツ拡散のための広告費は入っていません。以上、あくまで目安ですが参考にしてみてください。

弊社でのオウンドメディアサービスについて詳しく知りたい方は以下からお気軽にお問い合わせください。

無料相談も承っております。

外注するときの注意点

コンテンツの企画段階で考える検索ユーザーの意図に沿ったコンテンツ制作ができているかを注意しなければなりません。

企画の外注化・記事の外注化とどの作業を外注に任せてもユーザーの求めている情報を提供しているコンテンツを作れる企業を見つけましょう。

ユーザーが求めていない情報を網羅できていなければ、検索上位にはならずオウンドメディアで成果は出せません。

ユーザーファーストでコンテンツの制作を行っている企業に依頼をしましょう。

おすすめのオウンドメディアの運用委託サービス

最後に、おすすめのオウンドメディアの運用の外注企業を紹介します。

オウンドメディアの運用のための人材が自社で不足している、コンテンツマーケティングの戦略を一緒に考えてほしいなど、目的に合わせて適切な会社を選びましょう。

TPF

参考:https://kangaroo-media0.com/

TPFは、ITベンチャー経験、ECサイトの運営も行う代表とSEOのコンテンツに特化した制作担当者がチームを組み、あなたに代わってコンテンツ制作の業務を行うアウトソーシングサービスです。

オウンドメディアの立ち上げ、ブランディング、コンテンツの企画・制作・投稿、アクセス分析など、様々な工程をすべて行います。

また、「TPF」の代表でもある市野は福祉大卒であり、Webが苦手な方にも分かりやすく伝える力に長けております。

それによって、Webサイトの運用やSNSのアカウント運用でお困りの企業様にお力添えも可能です。

実際に

■WEBサイトの設計/運用

-マーケティング会社のコンテンツ制作、介護会社のランディングページ、ECサイト運用、オウンドメディアの運用

■SNS運用

-アカウントの企画、アカウントの運用、コンテンツ制作

などを提供しております。

みらいマーケティング本舗

ECサイトの専門業者です。

自社のECサイトで集客に思い悩んでいたり、売り上げが思うようにいかない際にはご相談をしてみましょう。

まとめ

内部でオウンドメディアの運用が行える場合は、自社で行った方が、効果も出やすく費用も抑えられます。

しかし、人員確保が厳しく、定期的な発信が難しい場合は外注をおすすめ致します。

大切なことは運用を完全に丸投げしないことです。

内部で行えないことやリソースが足らないことを見極めて適切な作業を適切な価格で依頼しましょう。

その際、外注会社にも意見してもらい、一緒に戦略を考えていくと良いです。

外注会社には専門的な知識とノウハウを持っているため、コミュニケーションを重ねていくことで有効なオウンドメディア運用が実現できるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

福祉、IT会社を経て、Webマーケターとして独立。IT会社では常駐先にてシステム導入から、情報システム部の人材として、幅広く他部署とのやりとりを担当。

目次
閉じる