【ウェブ解析士の方へ】協会の広報メディアを利用しませんか?

Pocket

はい、ごめんください。
新潟のウェブ解析士マスターで「トリプルメディア分科会」のリーダーを努めております、小杉と申します。

結論から申し上げると「ウェブ解析士の皆さま、協会の広報メディアを無料で利用しませんか?」というお誘いです。ウェブ解析士協会の活動についてご存知の方は、以下のURLからお申し込みください。

ウェブ解析士協会への告知依頼フォーム http://bit.ly/WACA-notify-form

以下は、今回の背景です。ウェブ解析士協会の委員会活動って、まだあまり知られていないのですよね……。

トリプルメディア分科会では広報を担っています

ウェブ解析士協会には、ウェブ解析士の皆さまが参加できる委員会活動があり、トリプルメディア分科会は「ブランディング委員会」の中にあります。

トリプルメディアといえば、オウンドメディア(Owned)、アーンドメディア(Earned)、ペイドメディア(Paid)の3つ。ウェブ解析士協会におけるこれらの活動を総合的に担っているチームです。

ざっくり説明しますと、オウンドメディア(Owned)は自社サイト、アーンドメディア(Earned)はSNS、ペイドメディア(Paid)は広告です。つまり、広報全般を扱っていると言っても過言ではありません。要するに「中の人」の役割です。

ちなみにブランディング委員会の中には、事業支援分科会とラーニング分科会があり、コンサルティング体験会は事業支援分科会、ウェブ解析士会議などはラーニング分科会がメインで動いています。

委員会は他にも、地域ごとの活動を支援していく「エリア委員会」や、毎年のカリキュラムを更新するための「カリキュラム委員会」などがあります。

ウェブ解析士協会の活動を透明化

特にブランディング委員会のミッションは、ウェブ解析士の社会的地位向上です。トリプルメディア分科会としてはウェブ解析士協会の活動の透明化がミッションにあるので、今回の協会のメディア利用はその一環です。

今までの広報ソースは各委員会や分科会のリーダーから依頼されたものがほとんどでしたが、今回、ウェブ解析士の皆さまにも使っていただくことにいたしました。

以下の Google フォームから、必要事項を入力してご利用ください。

ウェブ解析士協会への告知依頼フォーム http://bit.ly/WACA-notify-form

依頼が殺到してSNSの発信がお知らせだらけになったり、分科会のメンバーで対応できない事態になったりするようなら検討しますが、現在は無料でウェブ解析士の資格保持者(WAC番号がある方)なら、どなたでもご利用いただけます。

もし、このような協会の(裏)活動に興味がありましたら、「こんなことしたいのでお手伝いしたいです!」とご一報いただけるとうれしいです。たとえば、依頼のあったお知らせをさばくときには「このイベントは私も興味あるな〜」とか「近くでこんなイベントあるんだ!」などの一次情報を確認できるので、学習欲の高い方にはピッタリかもしれません。そんな方もゆるく募集しております。協会事務局へのお問い合わせでも良いですし、私(小杉)に尋ねていただくのも問題ありません。

ウェブ解析士会議 2019 にも参加するので、ちょっと聴いてみたいな〜という方は黄色い帽子を探してお声がけください。

お申込みがまだの方は、こちらから。残席100名切ってますね!→ 6/15[土] ウェブ解析士会議2019「Action! 〜 伝える、届く。そして、動く。」

このウェブ解析士に相談する

Pocket

小杉 聖さんの他の記事