2020年ウェブ解析士マスター資格維持条件のご案内

ウェブ解析士協会

ウェブ解析士マスターは、ウェブ解析士のロールモデルとして位置付けられています。その資格維持条件には、協会が実施するフォローアップテストに合格すること、正会員であること、カリキュラムレポート、独自講座実施報告の提出があります。

参考:ウェブ解析士マスター 資格維持条件
https://www.waca.associates/jp/mypage/qualification-maintenance/conditions/

1. 2020年2/29(土)までに
誓約フォームにカリキュラムレポートテーマと独自講座報告テーマを記入

提出フォームはこちら
→→→ http://bit.ly/2LPsJWS

カリキュラムレポートテーマは、下記カテゴリーの中から選択し、「指摘箇所と改善案」を記入してください。複数のカテゴリーを選んでも良いですし、1つのカテゴリーから複数の指摘箇所と改善案を出しても良いです。

  • テキスト
  • ウェブ解析士講座
  • 上級ウェブ解析士講座
  • エキスパート講座
  • ウェブ解析士マスター講座

独自講座報告テーマは、「みなさんが日頃実施している講座」や、「これからこんなことを人に伝えたいと思う講座」を記入してください。
去年と同じテーマを深掘りしても結構です。

2. 2020/3/31(火)
カリキュラムレポート受理

皆さんから頂いた貴重なカリキュラムレポートは、カリキュラム部で取りまとめ、各委員会で議論し、2021年のカリキュラム策定に活用させていただきます。提出いただいたウェブ解析士マスターに確認を取りながら、ウェブ解析士だよりへの投稿や取材、また執筆依頼なども考えています。

受理というのは、提出いただいたものでも、指摘箇所が明確でなかったり、改善案が明確でなかったりと読み手が読み取れない際に、再提出をお願いすることがあります。なので、提出して完了ではなく、受理されて完了となります。

どんな内容で受理となるのかご不明なことがありましたら、ウェブ解析士協会を通じてウェブ解析士マスター分科会までご連絡ください。

3. 2020/10/31(土)
独自講座報告受理

独自講座報告の目的は、ウェブ解析士マスターのみなさんの活躍の創造です。

それは、ウェブ解析を通したウェブ解析の発注側、受注側の対象事業の悩みの解決や、もっとスキルアップをしたいという方々への新しい学びや気づき学びの機会となります。

「みなさんが日頃実施している講座」や、「これからこんなことを人に伝えたいと思う講座」をご報告ください。

ご注意事項

  • カリキュラムレポート、独自講座は、一般公開を前提とした内容とします。提出いただいたレポートの中に、公開できない内容が含まれている場合は、その箇所と理由を明記ください。
  • ウェブ解析士協会理事、委員会の委員長、常任委員、支部会の支部長は、日頃からウェブ解析士協会へのカリキュラム、講座への改善提案をし、施策実行をサポートいただいていることを考慮し、カリキュラムレポート、独自講座報告報告の提出が免除となります。