ウェブ解析士の事業支援とは

ウェブ解析士協会では一般の企業に対するサービスとして事業支援を行なっています。事業支援とはウェブやインターネットを事業で活用したい企業に対して要望や課題を聞いた上で全国で最適と考えるウェブ解析士をご紹介するサービスです。企業のビジネスにおけるインターネット利用に関してあらゆる要望や課題に対してご相談できます。

ご相談できる企業は一般の事業であればあらゆる方が相談できます。法人組織であるか個人であるか、など事業内容や規模を問いません。シンガポールを中心にアジアにもウェブ解析士はいますので、全世界でご相談することができます。ご相談内容はウェブサイトの構築や広告SEOなどの集客、ソーシャルメディアの活用、助成金の利用まであらゆる内容でご相談が可能です。ウェブ解析士を取得している会員にはプログラマやマーケター、中小企業診断士などのスキルを持つ方もいますのでお気軽にご相談ください。

事業支援のお問合わせはフォームもしくは電話にて行えます。ご相談は無料で行なえます。ウェブ解析士協会ではお話を伺った上で最適とかんがえられるウェブ解析士を中心とした会員と適するサービスをご紹介します。ご相談できる対象となる会員は正会員・法人会員・賛助会員です。

取引は原則ウェブ解析士協会となります

ウェブ解析士協会では、ご依頼いただいた案件について原則請負契約者として企業のご依頼を受託し、ウェブ解析士と同様の契約を結ぶことですすめます。そのため発注する先はウェブ解析士協会となります。ただし、これは原則であり、企業側、ウェブ解析士側双方が合意する場合は直接契約することもあります。

ウェブ解析士協会では受託した案件のうち、経費や仕入を差し引いた金額(粗利)から10%を手数料として差し引きウェブ解析士にお振込します。例えば広告運用を予算100万円依頼し、運用手数料をウェブ解析士協会会員が20%でご請求する場合、ウェブ解析士協会の手数料は運営手数料20%の10%ですので、2%つまり2万円となります。

ウェブ解析士協会に依頼するメリット

ウェブ解析士協会がこの事業支援を行なう目的は、以下3つです。

  1. 我々の使命である日本中の企業がビジネスでWebを利用できるようにするため
  2. ウェブ解析士にビジネスや仕事を増やす機会の提供
  3. ウェブ解析士協会が社会に貢献しているブランディング

そのため、一般企業に相談するより以下のメリットがあります。

企業側の視点で事業支援をします

ご相談した企業にとってウェブ解析士に仕事を頼んで良かったと思ってもらえなければ、ウェブ解析士の能力を信頼していただけません。それはウェブ解析士協会にとって意味がありません。だから、ウェブ解析士協会としては企業側が相談してよかったと思ってもらえることがとても大事です。ウェブ解析士協会としては何か特定のサービスを売り込むメリットもありません。

残念ながら100%ご満足いただける事業支援ができる約束はできませんが、企業側の視点でウェブ解析士をご紹介するようにつとめます。復数候補者がいれば、それぞれメリット・デメリットをお伝えし、本当にご要望に応えられる人をマッチングするのはウェブ解析士協会の大事な役割です。

ウェブ解析士が行動理念に基づいて責任を持って対応します

ウェブ解析士協会ではウェブ解析士に行動理念を提示しており、その行動理念にそった行動を義務付けています。そして、ウェブ解析士がご紹介した企業対して行動理念に沿った行動ができていない場合は、ウェブ解析士協会の委員会や理事会を通して資格の停止や休会などの指示を出すこともあります。ウェブ解析士の最大の理念はデータでユーザー理解し、事業の成果に貢献することです。必ず成功させると約束することはできませんが、不誠実な行動をとる可能性は低いはずです。

また、一般的なウェブ制作会社や広告代理店に依頼すると、相談したプロフェッショナルが必ずしも担当になるとは限りません。仕事において組織構造や重点課題もあるのでやむを得ませんが、ウェブ解析士協会としては誰に仕事を任せてても、その指名したウェブ解析士が担当となります。最初はいいこと行ってたが担当者が変わったら全然違ってた、みたいなことはウェブ解析士協会では認めません。

ウェブ解析士協会が間に立ち、相談できますし、ウェブ解析士は変えられます

当然ですが当初依頼したウェブ解析士がご要望にあっていない、あるいは話が通じないなどの問題が起きることもあります。その場合ウェブ解析士に遠慮なくご相談ください。ウェブ解析士協会ではその他の案件の御依頼やプロジェクトのご相談もしているので、責任をもってウェブ解析士とのコミュニケーションの補佐をします。また、要望にあっていないときのウェブ解析士の変更、契約内容の変更も可能です(当然ウェブ解析士と相談になるので条件が合わないケースは都度ご相談となります)。

ウェブ解析士協会のビジョンは一般企業がウェブを用いてビジネスで成功することで、そのためにウェブ解析士を事業支援サービスでご紹介しています。言い換えると一般企業に役に立たないウェブ解析士はプロとして資格維持することもウェブ解析士協会として望んでいません。

以上、お気軽にご相談ください。