事業支援委員会活動報告 2021年1月度

こんにちは、事業支援委員会です。
2021年1月26日に2021年の事業支援委員会の第1回ミーティングが行われました。
ミーティングはオンラインミーティングにて開催されました。

本活動内容は以下の通り。

  1. 2021年事業支援メンバー体制
  2. 2021年事業支援計画骨子案について
  3. 2020年残課題について

1.2021年事業支援メンバー体制

表題の通り、選定について協議されました。

  • 新任:委員担当やリーダーをとして協会から依頼し、新たに加藤さん、西村さん、河西さんが加わりました。
  • 委員としては、山口、八木、中村、高木、藤、加藤、西村、河西にて今年度活動となります。

2.2021年事業支援計画骨子案について

  • 表題の通り、事業支援計画の骨子案について提案内容の説明と質疑が行われました。
    ・内容:1、経営サロンの開設に向けて取り組み、2、各地方行政との連携  によるDX推進を今年度進めることで合意しました。
    ・予算:その内容範囲で別途予算協議はブランディング委員会と調整して決めることとしております。

3.2020年残課題について

①協会問い合わせに関する個別案件の整理

  • 事務部で対応できるように案件対応スキームを加藤さん、江尻さん中心で設計いただくことで、個別に対応することになりました。 

②デジタル化応援隊の会員集団へ2021年の対応スキームについて

  • 150名達成したことに報告、来年度どのようにデジタル応援化隊のウェブ解析士に協会として働きかけていくのか、確認調整する必要があり。残課題と来年のスキームについては久保田さんが2月末までに対応を進めることで整理する予定です。

③CMO 47との合流の要否について

  • DX推進を進める上で、どうなるか別途、江尻さんフックに会議を持ち、双方で協議調整していくこととなりました。

4.2021年の各支部との連携や組織体制の再考

  • 各支部長と支部の活性化(行政との連携)と事業支援を強化案については議論が進んでいないため、別途2月に2回の会審議を引き続き協議することとしました。

5.2021年の事業支援定例会日程

次回、2021年は2/18 19:00〜の夜開催予定に変更とし、今後固定するか協議する。