【4月報告】2021年ウェブ解析士マスターカリキュラム分科会

こんにちは。ウェブ解析士マスターカリキュラム分科会です。

今回は4/15(水)に行われた、ウェブ解析士マスターカリキュラム委員会で議論された内容についてご報告いたします。貴重なご意見をいただいた皆様には御礼申し上げます。

  1. 第48期ウェブ解析士マスター講座のDAY1の報告
  2. 第47期ウェブ解析士マスター講座進捗確認、課題抽出
  3. 第47期マクロ、ミクロレポート試験の運用体制
  4. 上級ウェブ解析士講座ロールプレイの課題と改善
  5. ウェブ解析士マスター資格維持条件・カリキュラムレポート
  6. 「ウェブ解析士マスター講座体験会」開催内容
  7. 協会サイトマスター講座ページ内容の見直し

上記の内容で、白熱した議論が交わされました。

第48期ウェブ解析士マスター講座のDAY1の報告

4/11(土)第48期ウェブ解析士マスター講座DAY1は、オンラインのみの開催となりました。今期3名の受講者と、講師、委員会、メンターで進めました。

受講者の方のスキルの高さと熱い志を感じると同時に、これからの約3ヶ月の講座に対する緊張と不安を感じ取れました。

同じ経験をしてきた私たちだからこそ、講師としてメンターとして、受講者の気持ちに寄り添いつつも、時には厳しく成功へと導いていかなければならないと再認識しました。

受講者のアンケートからは

  • 参加者の意識が高いと感じられた
  • 実演を通して、関係者コメントから気づきが得られる点が有意義
  • オンラインでのプレゼンがメインになるが、オフラインもあるという意識で取り組みます

といった、前向きな意見が多く、今後が期待されます。

また、当日までの準備・ホワイトボード使用など、環境における留意点の伝達があればもう少しスムーズにできるのでは、という意見もいただきました。今後の運営に活かしたいと思います。

第47期ウェブ解析士マスター講座進捗確認、課題抽出

DAY1からDAY4までが終了し、4/18(土) DAY5は、昨今の情勢を鑑み、オンラインで実施いたします。通常の合格基準に加え、オンラインを加味した追加項目を検討し、既に受講者には通知済みです。

なお、昨今の事情もあり、今回受講しない意思を表明された受講者は、特別処置として、2020年度に行われるいずれかのロープレ試験に1度のみ無償で参加していただけることとします。

また、今回初めてロールプレイ試験をオンラインで開催するにあたり、新たな試みとして、活躍できるマスターを支援することを考え、委員会からのサポートプランを設けることにしました。

マスターになった方を対象に、90分程度の教育支援を実施し、基本的には参加を募ります。

第47期マクロ、ミクロレポート試験の運用体制

第47期からマクロ、ミクロレポート試験の運用体制の見直しや新しい取り組みを図りました。

その結果、受講生の方々にそれぞれに様々な意見を頂戴しました。

  • 詳細が書いてあって、今年の方が分かりやすい
  • どの箇所の私的なのか探しやすくなった
  • どのような視点での指摘かが分類を細かくなって、読み取りやすくなった
  • 複雑になって分かりにくい
  • なぜ、この項目としているのか?ウェブ解析士マスターの目指すべき姿と合わせて受講者へ説明すべき

など、賛否両論があって然るべきと捉え、今後も、前向きに内容や運営の改良を継続していきます。

上級ウェブ解析士講座ロールプレイの課題と改善

今後、講座はオンラインが主になっていくものの、企業研修等のオフラインで行なうこともあります。どちらの場合でも一定のクオリティで対応できるスキルを身につけることは大きな課題です。

特に上級ウェブ解析士講座のロールプレイについて、活発に意見交換を行いました。

今、すべての講座がオンラインで開催されています。それに伴い、ロールプレイ試験もオンラインを余儀なくされている状況です。この機会を「オンラインでのロープレ試験」について検討するいい機会だと捉え、今後のマスター講座をさらに良いものへと改善し続けていきたいと思います。

ウェブ解析士マスター資格維持条件・カリキュラムレポート

カリキュラムレポートをご提出いただきました皆さま、ありがとうございました。マスターの皆さまの、経験値の高さと知識の豊富さを、改めて痛感いたしました。

素晴らしいレポートも多く、独自講座に発展させることを視野に入れ、カリキュラム委員会に引き継ぎを行い共有していきたいと考えています。

「ウェブ解析士マスター講座体験会」開催内容

5/9(土)「ウェブ解析士マスター講座体験会」を開催します。先輩マスターの姿を見てもらい、ウェブ解析士マスターを目指す人材の掘り起こしを目的としています。

Doorkeeper配信後4日、すでに参加者が70名近くに達しています。この現状から、いかにマスターに興味を持つ人材が豊富にいるかということ、そしてマスター講座に対する関心の高さが伺えます。

このような機会を増やしていく必要性を感じております。

お申し込み詳細はこちら

協会サイトマスター講座ページ内容の見直し

マスター講座は、「課題解決力」「教えるスキル」「講座開発運営スキル」を身に着けるための講座です。講座の目的の共通認識を高めるためにも、協会サイト内でのマスター講座の文章の見直しを図りたいと考えます。

ウェブ解析士マスターは、実務経験によってウェブ解析士のロールモデルとなる姿と、講師としてこれからウェブ解析を実践していきたい方を導く姿の両方が求められます。

今一度原点に立ち返り、マスターの本質・あるべき姿について議論を交わし、講座の掲載内容について検討を重ねてまいります。

このようなウェブ解析士マスター委員会に参加したい、また参加を検討したいという方も大歓迎です。今後のスケジュールは下記となります(変更する場合もあります)。参加資格は、ウェブ解析士マスターです。

2020年の開催予定

  • 2020年01月15日(水) 20時 – 21時30分 終了
  • 2020年02月19日(水) 20時 – 21時30分 終了
  • 2020年03月18日(水) 20時 – 21時30分 終了
  • 2020年04月15日(水) 20時 – 21時30分 終了
  • 2020年05月20日(水) 20時 – 21時30分 ←イマココ
  • 2020年06月17日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年07月15日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年08月19日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年09月16日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年10月21日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年11月18日(水) 20時 – 21時30分
  • 2020年12月16日(水) 20時 – 21時30分

参加申し込みはこちらから
https://web-mining.doorkeeper.jp/events/103234

ウェブ解析士協会事務局会議室6F
東京都新宿区西新宿8-14-19 西新宿STビル6F