Google マイビジネスとSNS活用事例 – ウェブ解析士マスター独自講座資料

吉田アキ

こんにちは、ウェブ解析士の吉田アキです。
ウェブ解析士マスターの方々からいただいている、独自講座の資料をご紹介しています。

今回は石野史康さんのGoogleマイビジネスとSNS活用事例をご紹介します。実際のスライドは上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの方のみウェブ解析士専用マイページで閲覧できます

ウェブマーケティングの悩み

デジタル化社会で、ほぼ全ての会社・組織・商店はホームページやSNSなど、何らかの形で、ウェブで情報発信をしています。デジタルマーケティングによって手軽に便利になりましたが、それと同時に新たな悩みも生まれています。

あなたの会社でも以下のような問題を抱えていませんか?

✅ ライバル会社が増えてことによるウェブ広告費の増大
✅ 検索順位の低下
✅ サイト申し込み件数の低下

あなたの会社は「真実味」を伝えられていますか?

これらの悩み解決するには、他社よりもどこまで「真実味を伝えられるか」が必要であり、「Google マイビジネスとSNS活用事例」では具体的な施策を学ぶことができます。

Googleのリリースによると、「Googleマイビジネス」について以下のような説明がなされています。

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなど、Google でのビジネスや組織のオンライン プレゼンスを管理するための使いやすい無料サービスです。ビジネス情報のオーナー確認を済ませ、情報を最新に保つと、オンラインでの注目度を高め、ビジネスについてのメッセージを伝えることができます。

引用:Googleマイビジネス

ウェブマーケティングにおいて、What(何をしたら成果が上がるか)という手段に注目しがちですが、本来の目的はWhy(何のためにツールを使うのか?)であって、目標実現のために仮説とストーリーをしっかり計画立て実行することが大切です。

まずは事業にあったKPIを設定しましょう。

「ブログを読んでもらう」「Instagramのフォロワーを増やす」「口コミの数を増やす」など、KPIの内容によって、実施する仮説とKPIを達成するためのストーリーが変わってきます。

ぜひあなたも、ウェブ解析士マスター石野史康さんの独自講座GoogleマイビジネスとSNS活用事例で学び、リアルな自社の情報を伝えお客様とつながりましょう!

ウェブ解析士名簿からは、石野史康さんのプロフィールをご覧いただけます。北海道で活動していらっしゃるので、お近くの方は相談されてみてはいかがでしょうか。

ウェブ解析士マスター:石野史康 –  ウェブ解析士名簿

あとがき

私も、自営業者や中小企業の経営者の方から「ウェブでもっと自社を知ってもらうためにはどのプラットフォームが最適か?」と、よく聞かれます。

社長や担当者が思っているお客さんの属性と、実際のお客さんの属性にズレがある場合が少なくなく、それに伴い効果の高いプラットフォームも違う場合があります。

「何を実現したいのか?」KPIをしっかり組み立て、ブログや各SNSで実行し検証することが大切です。

Instagram、Facebook、Twitterに加えておすすめなのが、Google マイビジネスです。

Google マイビジネスを使いこなすと、あなたの会社にとって非常に効果の高い武器となります。

このGoogle マイビジネスでは以下のようなことができます。

✅ Googleの検索やGoogleマップ上に、店名・電話番号・住所など、ビジネスの基本情報を掲載できる
✅ 店舗や会社の外観・主力商品、イベント情報などの写真を掲載できる
✅ お客様のクチコミの管理や返信などでお客様と交流をはかれる
✅ 簡単に無料のウェブサイトを作成できる
✅ ユーザーの現在地からGoogle マップでルートを表示させることができる
✅ レスポンシブデザインにより、スマートフォンにも最適化され使いやすい

あなたの事業やKPIに合わせて、SNSだけでなくGoogle マイビジネスもご検討ください。