テレビCMより安価!YouTube 動画広告をビジネスに活用しよう!

加藤 雄一郎

こんにちは。ブランディング・マーケティングに関するコンサルティング事業を展開している、株式会社ピージェーエージェント代表取締役の加藤です。

今回は、全世界でユーザー数が伸び続けている「YouTube」に、動画広告を出すことができる「YouTube 動画広告」という機能について、解説を致します。今まで、予算を豊富に持っている大企業だけの特権として、「テレビCM」という形で提供されていた「動画広告」を、予算の少ない中小企業でも取り組めるようになった、非常に革新的なサービスが「YouTube 動画広告」です。自社の商品やサービスを、より多くの見込顧客にアピールしたいとお考えの企業様は、ぜひご一読ください。

YouTube とは

皆さんご存じの世界最大の無料動画共有サービス「YouTube」。ユーザー数は、全世界で19億人以上。日本国内でも6,200万人以上が利用しているといわれています。最近ではYouTube 視聴機能が搭載されたテレビなども販売されており、PCやスマートフォン以外でもさまざまなデバイスで視聴ができるようになっており、ユーザーの年齢層も幅広くなっています。

「YouTuber(ユーチューバー)」という言葉も、よく耳にするようになったのではないでしょうか?自身が制作した動画コンテンツをYouTube にアップロードし、広告収入などを得ることを生業とする職業のことで、現在、世界中で数多くのYouTuber が活躍しています。

YouTube 動画広告とは

YouTube で動画コンテンツを視聴していると、途中でテレビCMのような広告が流れてきた経験はありませんか?これが「YouTube 動画広告」です。企業が自社の商品やサービスを訴求するためのCM動画を制作して、それらをYouTube 内の動画コンテンツを閲覧している見込顧客にプロモーションするために、YouTube に広告を出稿しているのです。

あなたの会社は、検索連動型広告やディスプレイ広告などのインターネット広告は実施していますか?YouTube 動画広告は、それらの従来の広告手法とは異なり、「動画」を使って商品やサービスを訴求できるという点が最大の特徴です。「文字」や「画像」と比較すると、「動画」という媒体では、より多くの情報を分かりやすく閲覧者に伝えることができます。結果として、見込顧客からの興味をより惹くことが可能になります。

YouTube 動画広告の実施手順

YouTube 動画広告の実施手順の大まかな流れは以下の通りです。

  • CM動画を制作する
  • CM動画をYouTube にアップロードする
  • Google 広告を使ってYouTube 動画広告の出稿設定をする

CM動画を制作する

CM動画の作成と聞くと、「テレビCMのように、何百万円〜何千万円もの予算を投下して、有名人を使って・・・」など、ハードルが高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、YouTube 動画広告においては、必ずしもそこまでクオリティの高い動画を用意する必要はありません。

弊社のクライアント企業様でも、自社スタッフでスマートフォンを使って動画を撮影し、無料の動画編集ソフトで簡単に編集をしたCM動画を使って、YouTube 動画広告を実施されている企業様も数多くいらっしゃいます。

もちろん外部業者などにCM動画制作を依頼するのも良いとは思いますが、そこまで予算が無い企業様の場合などにおいては、まずは試験的に自社スタッフで動画を制作してみるのも良いかと思います。

では、CM動画制作時には、どのような点に注意をすれば良いのでしょうか?
以下に、CM動画制作時のポイントをいくつか記載をいたしますので、参考にしてみてください。

動画の目的を明確に定める

CM動画を見た見込顧客に行って欲しい行動=動画の目的を明確にして、その理想の行動を誘発するための動画構成にすることが非常に重要です。「商品やサービスのブランドイメージを向上させたい」「商品やサービスの認知度を上げたい(多くの人に知って欲しい)」「見込顧客を自社ホームページに誘導したい」「見込顧客に資料請求や問い合わせをして欲しい」など、さまざまな目的があるはずです。それらの目的によって、動画の構成も変わってくるので、ただ何となく漠然と動画を作成するのではなく、まずは「動画の目的」を明確に定めることを意識しましょう。

撮影前に簡単な絵コンテを描く

いきなり動画の撮影に入る前に、4コマ漫画のような簡単な絵コンテを描いておくことがオススメです。セリフを一言一句書き起こした台本や、綺麗な絵が詳細に描いてあるような大掛かりなものである必要はまったくありません。「だいたいこんな内容を話す」「このようなアングルで撮影する」といったような備忘メモ程度の簡単な絵コンテで十分です。YouTube 広告用の動画では、30 秒〜1分程度などの短い動画が一般的ですが、それでも、素人がアドリブで撮影をするのはなかなか難しいです。事前に絵コンテを描いておいくことで、撮影をスムーズに進めることができます。

音声と照明に気を配る

YouTube 動画広告用の動画を撮影するにあたっては、高価なビデオカメラなどを用意する必要はありません。YouTube 動画広告は大画面テレビで見るようなものではなく、PCやスマートフォンなどの小さな画面で見ることが多いため、映像が高画質であることは、そこまで重要ではありませんので、お手持ちのスマートフォンでの撮影で十分かと思います。ただし、音声と照明には少し気を配る必要があります。音声が聞き取りづらかったり、照明が暗かったりすると、どうしても素人感のある見づらい動画になってしまいがちです。「映像の綺麗さ」よりも「音声」と「照明」に気を配ることがポイントです。必要に応じて、マイクや照明などを用意して、できるだけ良い音声と明るい照明を意識すると、より良い動画が撮影できます。

編集に凝りすぎない

最初からプロが作ったような凝った動画はなかなか制作することはできません。また、予算の限られた企業様においては、高価な動画編集ソフトなどの購入も難しいと思います。ですので、パソコンに付随している無料の動画編集ソフト(Windows ムービーメーカーや、iMovie など)で十分です。むしろ、その方が機能も少なく、素人でも使いやすいというケースもあります。最初は、複雑な効果などを入れることは諦めて、シンプルに、動画のカットと連結、テロップや音楽の挿入など、本当に簡単な編集だけで十分です。最初から編集のハードルを上げてしまうと、途中で挫折してしまう場合も多いので、まずは簡単でシンプルな編集を意識しましょう。

CM動画をYouTube にアップロードする

YouTube への動画のアップロード方法は非常に簡単です。

まずはGoogle アカウントを作成します(すでにGoogle アカウントをお持ちの方は、新規に作成をする必要はありません)。そして、そのGoogle アカウントでYouTube にログインして、動画アップロード用のチャンネルを作成します。ビジネスにおいては、個人名ではなく、企業名やブランド名などでチャンネルを作成することも可能です。あとは、パソコンの中に入っている動画を選択して、作成したチャンネルにアップロードするだけです。

チャンネルの作成方法や動画のアップロード方法などの詳細手順については、YouTube ヘルプに詳しい解説が載っていますので、そちらを参考に進めてみてください。

YouTube ヘルプ

Google 広告を使ってYouTube 動画広告の出稿設定をする

YouTube 動画広告は、従来の検索連動型広告やディスプレイ広告と同様に、「Google 広告」を使って出稿設定を実施します。
YouTube 動画広告の出稿の種類にはいくつかのタイプがありますが、以下に弊社のクライアント企業様がよく利用をしている広告のタイプを2つご紹介いたします。

インストリーム広告

YouTube 上での動画コンテンツの再生前後や再生中に動画広告が表示される形式です。動画閲覧中に差し込まれる形になるので、非常にユーザー の目に留まりやすく、視聴してもらいやすいという特徴があります。

ユーザーが動画を30 秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30 秒経つ前にクリックなどのアクションをした場合に料金が発生するため、広告がスキップされた場合には料金は発生しません。それ以外にも、広告が 1,000 回表示されるたびに料金が発生するような、インプレッション数(表示回数)に基づいた課金形式も選択可能です。

TrueView ディスカバリー広告

YouTube の関連動画部分や、検索結果の一部として、ユーザーが動画コンテンツを探している場面で動画広告が表示される形式です。

ユーザーが動画広告のサムネイルをクリックして、視聴を開始した場合のみ料金が発生します。

上記以外にも、「アウトストリーム広告」「バンパー広告」「YouTube マストヘッド広告」などさまざまな種類がありますので、詳しくはGoogle 広告ヘルプをご参照ください。

https://support.google.com/google-ads/answer/2375464?hl=ja

また、動画広告の出稿設定手順(動画キャンペーンの作成)についても、Google 広告ヘルプに詳しい解説が載っていますので、そちらを参考に出稿設定を進めてみてください。

https://support.google.com/google-ads/answer/2375497

YouTube 動画広告のメリット

YouTube 動画広告にはさまざまなメリットがありますが、弊社ではYouTube 動画広告の最大のメリットは以下の2点だと感じています。

低予算で実施ができる

YouTube動画広告は1日 1,000 円程度の低予算から始めることが可能です。従来のテレビCMなどの場合は、数十秒のCMを流すだけで、数百万円、数千万円という膨大な予算が必要でした。それと比較すると、驚く程安価で手軽に広告を開始することができます。

また、前述の出稿設定でご紹介した通り、ユーザーが30 秒以上視聴した場合や、クリックなどのアクションをした場合のみに料金が発生するような設定もできるため、従来のテレビや雑誌、交通広告のように、「掲載するだけでお金がかかる」というようなムダな出費を抑えることもできます。

ターゲットを絞れる

YouTube動画広告は、Googleが所有しているさまざまな顧客情報を使って、顧客の属性、関心、行動情報などに基づいて、ターゲットを絞って特定のユーザー群に狙い撃ちで広告を表示することが可能です。従来のテレビCMのように、ターゲットを絞らずにマスを対象に広告をばら撒くのではなく、自社の商品やサービスの購入につながりそうな特定のターゲット顧客群だけに対象を絞って、ムダなく広告を配信することが可能です。

YouTube 動画広告の効果

YouTube動画広告を活用すると、実際にどの位の費用対効果があるのか?気になる所かと思います。

以前のInstagram広告に関する記事と同様に、弊社のクライアント企業様の実際の例を参考数字としてご紹介致します。

もちろん、当然、企業毎に扱う商品やサービスも異なりますし、広告のクリエイティブの出来栄えや、配信設定方法についても、結果は千差万別です。

ですので、あくまで「参考数字」として捉えていただくようにお願い致します。

BtoB企業A社様B社様C社様
予算80,000円23,000円16,000円
期間1ヶ月1ヶ月1ヶ月
インプレッション数(表示回数)228,47062,11045,325
インタラクション数(再生回数)38,61610,5276,933
インタラクション率16.90%16.95%15.30%

気負わずにYouTube 動画広告にチャレンジしよう!

「動画広告」というと、「ウチの会社はテレビCMを打つほど広告予算は無いから・・・」とおっしゃる企業様が多くいらっしゃいます。しかし、前述の通り、実はYouTube動画広告は1日 1,000 円程度の非常に低予算の広告予算から始めることができます。
また、CM動画の制作についても、あまりハードルを上げて考えすぎずに、「まずはやってみる」という感覚で、自社スタッフで制作をした簡単な動画などを使って、YouTube動画広告を試してみることがオススメです。

まずは小さな一歩から試してみて、効果が実感できるようであれば、外部の制作業者に依頼をして、よりクオリティの高い動画を作成するなり、広告予算を上げてより多くの人にリーチできるように配信設定を変更するなり、徐々に予算をかけていくという形で進めるのがよろしいかと思います。

今まで、予算を豊富に持っている大企業だけの特権として、「テレビCM」という形で提供されていた「動画広告」を、予算の少ない中小企業でも取り組めるようになった、非常に革新的なサービスが「YouTube動画広告」です。きっと、あなたの会社の商品・サービスの売上向上につながるはずですので、気負わずにぜひチャレンジをしてみてください!

広告動画制作やYouTube動画広告設定など、もし何かサポートが必要であれば、弊社でもご支援をすることが可能ですので、もし何かございましたらお気軽にお問い合わせください。