知られざるウェブ解析士マスター講座を44期の受講生が語る〜後編

ウェブ解析士協会

ウェブ解析士や上級ウェブ解析士ほど情報が多くなく、全国では130名程度(2019年6月末現在)しか存在しない、ウェブ解析士マスター。その講座を終えた44期の受講生6名が、ウェブ解析士マスターの認定講座を振り返りました。前編と後編にわけた、3名ずつの座談会です。
前編では、ウェブ解析士マスター講座5日目の課題であるオープンセミナーへの話題が盛んでしたが、後編では、6日目の課題であるエキスパート講座についての話題も。
これからウェブ解析士マスターを取得しようとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

44期Bチーム
福田さん
株式会社フクマチ 福田 健治
不動産会社・テレビショッピングのEコマースサイトの運営に携わったのち独立。現在は福岡の中小企業の中心に、ウェブサイトのコンサル・運用支援・制作を中心に事業を展開。最近では採用に関する相談・案件が増えており、中小企業の人材不足問題に取り組んでいる。
桃谷さん
株式会社アスコン 桃谷 雅美
アパレルのショップ店員の前歴を活かし、アパレルのECサイト運用に携わる。その後、SNS運用からウェブ広告運用代行をメインに行い、現在は広告クリエイティブ、ウェブページ制作、広告運用などディレクターとして全般に携わっている。
中田さん
株式会社デザインファミリー 中田 延孝
事務機器の営業時代、ウェブ制作会社へ営業に行った際、顧客のためにイチから構成を考えて成果物を納品する制作の業界に魅力を感じウェブ業界に転職。中小企業のウェブサイト制作のディレクションから、ウェブ戦略の支援業務まで一貫して携わっている。

マスター講座を受講しようと決めた理由

僕の場合は、それまでの知識の整理というのもあったんですが、ちょうど起業して10年目の節目だったんですよ。その時に、これからの10年を考えた時にもっとコンサル色を打ち出して行きたいなぁと。で、ウェブ解析士協会の名簿をみたら福岡のマスターは、まだ3人しかいなくて、ビジネスとしても差別化になるかな?と思って受講を決めた感じですね。
私はウェブ解析士を取得したのが2017年、上級ウェブ解析士を取得したのが2018年なのですが、それまでウェブの仕事を1人で回す事が多くて、他社がウェブについてどんな取り組みをしているのか、どんな資格があるのかさえもまったく知らなかったんですよ。東京に出張する事が多くなって名刺交換した際に、先方の方が全員「上級ウェブ解析士」って肩書きが入ってて、何だそれ?と調べたのが、最初のきっかけです。そして、ビジネスをする上でクライアントの信用を得るためには必要なのかな?くらいで、ほぼ勢いで受講したんですね。
そして上級まで取得した後に、ウェブ解析士マスターというものがあると知って、当時お世話になっていた神谷先生に聞いたら「僕は上級ではそんなに実力ついた実感はなかったけど、マスターに受かった時は実力ついた実感がありました。まぁ二度と受けたくないですけどね(笑)」って仰ってて、興味持ったんです。でも、受かる気がまったくしなかったので、結局マスターを受講したのも9割がた勢いです(笑)
福田さん同様に私も地方在住者(広島県)なので、名簿で検索したら2名でした。
桃谷さんの勢い……素晴らしいですね(笑)
そんな自分もほぼ勢いで受けました。
せっかく上級まで受けたし、もっと自分の力を伸ばしたい!という想いもあって。やはりみんなと近いものがありますね。
あとは客観的に自分の力を把握したかったのもありました。
僕は少人数のウェブ制作会社で働いているんですが、誰かが教えてくれるわけでもなく、出した提案や、やろうとしてる施策が果たして最適かどうか、実際に試すか Google 先生に聞くしかない状態でした。また人数も少ないので、自分のスキルやレベルを正しく認識できる機会ってホント少ないんですよね。
そんな状態で、どうにかこうにか2年半ほどやってきたものの、やっぱり「ウェブサイトから成果を上げる」という課題にぶつかって、その壁をどうしても超えたくて
仕事の質をあげるためにも何か良いインプットはないかなって調べている時にウェブ解析士を見つけて、すぐ試験を受けました。たしか2018年5月ごろだったかと。
それまで Google アナリティクスもサマリーしか見たことなかったですし、CPAとか何??というレベルで覚えることばかりで、頭パンクしそうになりましたよ(笑)
あとは、そのまま間髪入れずに2018年9月に上級、2019年1月にマスターと受講しました。
でも、冷静に考えると、最初は少しハードルが高いと感じるかもしれないですよね。
ですよね。受講の大きなハードルとして料金が高い!ってのがあるじゃないですか?
僕の場合は事業としてペイできると考えたので、価格の高さにかなり悩みつつ決断したんですが、桃谷さんはインハウスの立場として、どう自分に落とし込んだの?
そうですね。一見確かに高い。ただ、自分の中で「高い=質が高い」と変換しました。だって講師の神谷先生本人が実感したと仰っていたわけですし。Day1でいきなりチームを組んで進めると聞いたときには、コミュニケーション力が高いわけでは無かったので、内心、「あー、失敗したかも」って一瞬思いましたけど(笑)
ただ、回数を重ねていく内に、他のチームとも接触する機会が増えて、最後は44期の総力戦みたいになって、講師の先生とのつながりも増えて、正直これだけで元は取れたかなと今は思っています。でも、そこで満足していてもダメだとわかっているので、結局「今の自分の力ってどうですか?通用しますか?」ということを社外の人間である第三者にボコボコに指摘してもらって這い上がっていくプレイだと思っています。
第三者にボコボコに指摘してもらって這い上がるプレイ(笑)
当然、人にもよると思いますが、確かにそんな内容ですね。そこに価値を感じることができればマスター講座の費用は高くないと思います。むしろ横のつながりもできるので、僕は価格より価値の方が勝っている印象です。検討している方が居ればそう伝えたいです。ただ……是が非でオススメすることはしませんが(笑)
そうだ!せっかくですし、記事を読んでいる方に向けて簡単にマスター講座を簡単に紹介するってのはどうですか?

マスター講座を一言で表現すると

今の自分を全部出しきって、丸裸状態を思い切って見せるプレイですね(笑)
ホントその通りですね……(笑) 
自分の弱点がはっきり分かります。これはある意味ツラいですが非常に貴重な経験だったかと思っています。やはりマスター講座を受講する方や講師の皆さんはすごく優秀な方ばかりなので特にそう感じたのかもしれません。
こんな機会がなかったら、自分のスキルや課題への取り組み方を相対的に見直すことは、なかなか無かったかもしれません。あと、内容もシンプルにハードでした(笑)
ハード……すぎじゃない?(笑)
自分的には、時間との闘い・己との闘いかな。弱い自分がすごく露呈した感じ。
ただ、それがよかったとも思う面も。足りないところ・弱いところを再認識できた。
ほんと、ある意味丸裸だね。
あとは同期でこの壁を突破しよう!という「同志の集う場」的な感じに助けられた感じ。
そうですよね。自分の弱点は薄々気づいてはいるのだけど、実際に業務する上でその弱点を隠さないといけない。隠す事になれてるので、そのまま受講したら、弱点を完全に見破られるという(笑)一度、自分のすべてを認める事から始めるのって、意外にみんな大変だったと思います

認めるのってほんと難しいですね。通常業務でこんなボロボロにされることありませんから(笑)
ただ、おかげで当面の目的の1つであった自分の力を相対的に見ることは叶ったので良かったと思っています!
あと福田さんの「同志の集う場」ってキーワードかっこいいっす(笑)

これがあったからモチベーションも維持できたよね。初級・上級もそうだけど、資格取得は基本個人ワークじゃない?マスター講座ってそういう意味では別物だよね。
「ときわ荘」的な?たとえが古すぎ??(笑)

そうですね。確かに古い(笑)
ところで、皆さん、マスター講座受講前と後で何か変化ってありました?

講座受講の前後で変わったこと

僕の中での大きな変化はクライアントへの提案が変わりました。具体的には根拠があって課題解決へのインパクトが大きい施策を提案しようとする姿勢に変わりましたね。
やはり講座では、よりロジカルな視点と、課題を俯瞰して見る視点が重要だと再認識したんだと思います。

たしかに、それある!
あと、プライベートだと、子どもの言動の見る目が変わったかも。子どもが何かやらかしたときに、インサイトを考えて、
なんでこういう行動を取ったんだろう?
どういう思考でそういう行動をしたんだろう?
ってロジカルに考えるようになって、ちょっと優しくなれたかも(笑)

こどもに優しくなれるロジカルシンキングまで手に入れたんですか?!凄い(笑)
私はこれまで「勘」を頼りに仕事をしていた節があって、その分析結果を元に「この勘は間違ってません」と言うようになりました(今更?)。あと、人に頼る事を覚えましたね。さっきも言ったのですが、これまで1人で課題解決に取り組む場面が多かったのですが、マスター受講で横のつながりが一気に広がって、何かあればすぐ仲間に相談しています。
44期生ってチーム力が凄くて、皆自分事のように一緒に悩んで答えてくれるんですよ。
これは私にとって一番大きな変化です。

ほんとに人に頼りっきりの講座でした(笑)その辺は少し反省していますがこの講座で出来たつながりは本当に宝物です。なかなか同業他社間でこんな強いつながりができるのは稀じゃないですか?ホントに協会と44期の皆さんには感謝しています。
あと変わったといえば勤めている会社的の考え方が少し変わってきました。「制作したウェブサイトから成果につながる提案をしないといけないよね」って。
これは少し嬉しい変化です。
江尻さんがよく仰る「企業の成果につながる」的な言葉をマネして連呼していたら会社が態度変容しました(笑)

それは中田さんすごいですよ。中田さんの会社の成果につながる行動ですよ。「行動を起こさせる」これはマスター講座でも重要なテーマですもんね。

あと、もう一つ挙げるとしたら「伝え方、教え方」が変わりました。自分が理解できていても、相手が理解できてないと伝わった事にならない。マスターの資格を取得することは、講師になるという事なので。
例えば社内であれば「教える立場」として、相手の悩みや、どこで迷っているのかをきちんと理解して、それを相手にフィードバックする。
この技術はとても難易度が高いですが、普段のチーム内での業務でも、意識するようになりました。

良い変化ですね。僕も「伝え方、教え方」をしっかり意識していきたいです。
そういえば「教える立場」って話で、講座内で課題として出された各自オリジナルのエキスパート講座の方はどうですか?
江尻さんも仰ってましたが、これからのウェブ解析士協会の方針として、自らの強みを講座として広めていくエキスパート講座を開設するという課題があったと思うのですが。

自らの強みを活かしたエキスパート講座

私は、社内規定に違反しない範囲でオリジナル講座を社内で実施します。
業務として、圧倒的に広告プランニングの比重が大きいので、「SNSビジネスアカウント作成と紐づけ方法とFacebook、Instagram広告のベストプラクティス提案書作成」という講座をする予定です。

いいっすね。クライアントに提案したいのでぜひ聞いてみたい!
僕は、まだ具体的には固まってないんですが、最近は採用や人事系の案件が多いので、その辺の話をエキスパート講座にできればと考えています。
Day5に中田さんがやっていたSEOの話もすごく勉強になったから、もう少し突っ込んで聞いてみたいっすね。Day5以降、コンテンツを作る時はかなり意識するようになったんですよ。

恐縮です(笑)でもそう言ってもらえて励みになります。
じゃあ僕はDay5でやったSEO講座の深掘りをエキスパート講座でやってみようかな?
前回は反応も良かったですし、大阪のデザインファミリーはSEOに強いっていうブランディングにもなれば嬉しいなと考えています。
ただ、集客とか場所の確保とか資料準備とか、もろもろ1人で準備しようと思うとホントに大変なんだなと思うと気が引けますが、これも良い経験だと思ってがんばりたいですね!

中田さんのSEO講座の深堀楽しみです!ぜひ参加させてください。
今までは講座の申し込みって、タイトルと概要を見て決めていたけど、今はみんなの得意分野を良く知っていたから、「この分野はこの人に聞け」というのが私の中で確立されていて迷わなくて済みそう(笑)
あと、同期だと私と同じ分野で安田くんがいるので、安田くんの講座に参加して話し方とか勉強したいな!
講座って参加する事も自分で開く事も本当に勉強になりますよね。

確かにそうですね。
「講座に参加してくれる人に解りやすく伝えるには?」
「参加してくれた人の明日の行動につながるようにするためには?」
この視点はクライアントワークでも同じだなぁって思うので、経験すればするほどレベルアップできそうです。
そう考えると、エキスパート講座をいろいろ企画してもいいな。

自身のレベルアップのためにもエキスパート講座の企画も進めていきましょう!
そこでまた新たな学びもあるでしょうし、誰かに価値を提供する側に立つ経験は、このマスター講座の大きな価値だと思っています。
そして、その経験をまたシェアしていきましょうよ!
これからも、つながりながら各それぞれの得意な領域を極めてウェブ業界を盛り上げていけたら良いなと思っています。

ウェブ解析士マスター認定講座の詳細