【8月報告】2019年 上級ウェブ解析士カリキュラム分科会

Pocket

こんにちは。2019年上級ウェブ解析士カリキュラム研究会です。
8月22日(水)に開催された第7回の研究会の内容を報告いたします。
今回の研究会では、「中間課題の改定」「カスタマーアナリティクス」「上級講座テキストの修正状況」などについて議論を行いました。

中間課題の改定

2018年のカリキュラムでは、

  • ウェブマーケティング計画書
  • 施策評価シート
  • 改善と設計の提案書
  • 解析設計指示書

の4つの課題があります。

それぞれの課題について、受講生にとってわかりやすいか、過大な負担を与えていないかという視点で検討しました。

まず、それぞれの課題について、上級講座テキスト内での説明がわかりにくい部分がありますので、もっとわかりやすく書き直します。

「ウェブマーケティング計画書」については、課題内容自体は2019年も同様ですが、現在配布しているPDFの見本に代わり、予め計算式を埋め込んだエクセルシートをテンプレートとして配布することを検討しています。

「施策評価シート」については、実務でも役立つという意見もあり、現状維持で進めます。

「改善と設計の提案書」については、ウェブマーケティング計画書と施策改善シートとの連動を明確にします。

「解析設計指示書」については、難易度が高いという指摘があるとともに、受講生からも、どう書いていいかわからない、という意見を頂いています。他のマスターの意見を伺いながら、2019年の改定テーマである「もっとわかりやすいカリキュラム」という観点からも、本課題の廃止または変更を検討することになりました。

カスタマーアナリティクス

繰り返し検討しているテーマですが、大まかな方向性が見えてきました。

まず、修了レポートの課題に「カスタマーアナリティクス」を追加します。ただし、ペルソナとそのカスタマージャーニーに基づく分析は、2020年のカリキュラムから採用。2019年は、Googleアナリティクスの「ユーザーエクスプローラ」を使い、受講者がひとりのユーザーを選択しそのユーザーの行動を分析する、ということになります。

上級講座テキストの修正状況

上級講座テキストの修正も進めています。主な修正点として

  • 曖昧な表現を明確に
  • テキスト内の用語や言い回しの統一
  • 事前、中間課題で使用している用語や言い回しの統一
  • ウェブ解析士認定講座公式テキストとの内容重複の削除
  • 古い事例を新しい事例に変更
  • 修了レポート課題内容の再考

となります。

事前中間課題、修了レポート、講座テキストともに9月中の初校完成を目指しています。

あなたも上級カリキュラム研究会メンバーに

上級カリキュラム研究会では、新たに2019年のカリキュラムを検討していただけるメンバーを募集しています。

引き続き委員会動画と議事録を公開することで、カリキュラム作成に興味のある会員の方の参加を受け付けていきます。ウェブ解析士協会会員であればどなたでも参加できまが、特に講座を開催しているマスターの方の参加をお待ちしております。

また、上級ウェブ解析士認定講座を開催しているマスターの方には、ぜひカリキュラムのフィードバックをお願いいたします。「受講生にはこの部分がわかりにくかった」「この部分が曖昧だ」など、講座を開催して感じたことを、ご意見としてお寄せください。

次回の上級カリキュラム委員会は、9月26日(水)14:00〜16:00に、新宿ノマドカフェ「Base Point」(〒160-0023 東京都 新宿区西新宿7丁目22-3)にて開催いたします。オンラインでの参加も大歓迎です。一緒により良いカリキュラムを作っていきましょう!!

参加のお申込みはこちらから
https://www.facebook.com/events/265657944057358/

Pocket

上級ウェブ解析士認定講座カリキュラム研究会さんの他の記事

2019年版上級ウェブ解析士講座のカリキュラム(課題・テキスト・テスト)改定について、検討する研究会です。ウェブ解析士協会顧問の顧問の清水誠さんにもご指導いただき、「コンサルティングできる」「施策提案できる」「(手を動かして)運用できる」上級ウェブ解析士を育成するカリキュラムの実現を目指しています。