MEOで店舗ビジネスや地域向けビジネスを一歩進めるための改善方法

Pocket

はじめまして、ラディカルサポートの皆川と申します。「売上アップに繋がるホームページを武器に多数のNo.1を創り出す」をモットーに、中小企業のホームページ集客支援を行っています。

今回はそんな中小企業、特に店舗や地域の方々を対象にしたビジネスをされている方にオススメの「MEO」の活用方法についてご紹介します。

ホームページがなくても無料でできる施策なので、ぜひお試しください。

MEOとは

筆者の事務所から「ケーキ屋」と検索した例

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、地図エンジン最適化を意味し、実際にはGoogleマップに上位表示させるための対策を指すことが一般的です。表示順は、検索したキーワードとの関連性や位置からの距離など、さまざまな要素から決定されます。

インターネット集客において、検索エンジン対策(SEO)の重要性を説く方は少なくありません。理由は、検索結果で上位表示することができれば、ウェブサイトへより多くのアクセスを集めることができ、顧客獲得のチャンスを増やすことができるからです。

地図検索結果でも同様、上位表示することができれば、顧客獲得のチャンスを掴むことができます。ですから、特に店舗ビジネスや地域ユーザーを対象としたビジネスでは、このMEOを意識することが重要です。

検索するキーワードによっては自然検索結果よりも上に地図検索結果が表示されることがあります。アクセスしやすいと感じる店舗や会社であるということも、ユーザーに選ばれるための重要な要素の一つです。Googleマップ上でビジネスの存在をアピールし、来店者数やお問い合わせ数の増加にもつなげていきましょう。

現在、Googleマイビジネスの活用がMEOに効果をもたらす傾向があります。つまり、MEOを意識される際はGoogleマイビジネスの適切な設定を行うことがポイントです。

Googleマイビジネスの基礎

Googleマップ上に表示されるビジネス情報の編集は、Googleマイビジネスという無料サービスを使って行います。これを使うことで、Googleマップの他、Google検索にもビジネス情報を表示させることができるようになります。

営業時間、ウェブサイトURL、住所、電話番号、ビジネスカテゴリといった情報を登録することができるため、ユーザーにビジネスをアピールすることが可能です。また、ユーザーからの口コミに対する返答や、投稿機能でビジネス情報欄にお知らせを一緒に表示させることができます。

PCの他、スマートフォン用のアプリも用意されていますので、必要に応じて使い分けましょう。

Googleマイビジネスでできること

Googleマイビジネスは無料で利用できます
  • ビジネス情報を最新かつ正確な状態に維持できる
  • ユーザーと交流することができる
  • 新規顧客にアピールできる
  • 地図上への情報表示
  • 自社ウェブサイトへの誘導
  • 検索画面から直接電話
  • 地図スペースへの広告掲載

…など

Googleマイビジネスをするためには登録が必要です。アカウントを作成して、ビジネスのカテゴリ、電話番号、ウェブサイトのURLなどの情報を設定してスタートします。なお、登録にはハガキなどによるオーナー確認が必要です。登録がまだの場合は、余裕をもったスケジュールで進めるようにしましょう。

改善のための手法と解析の紹介

Googleマイビジネスのダッシュボードから、GoogleマップやGoogle検索への表示状況を確認することができます。

※ホーム画面に表示される掲載結果を記録しておくとよいでしょう

更に詳しい情報はGoogleマイビジネスにあるインサイトから確認することができます。

インサイトで確認できる主な情報

インサイトで確認できる情報(一部)
  • ユーザーがビジネスを検索した方法
  • ビジネスの情報が閲覧された回数
  • 店舗までのルートが検索された回数
  • ユーザーがとった行動と回数(ウェブサイトへのアクセス、ルートのリクエスト、電話発信)

繰り返しになりますが、現在、Googleマイビジネスを適切に運用することでGoogleマップにおけるMEO効果を得られやすい傾向があります。そのため、評価を改善したいときは、まずGoogleマイビジネスに情報が適切に登録されているかどうかの確認をしましょう。

また、写真の追加や投稿機能の活用、口コミへの返答なども効果的です。更にGoogle広告を使えばローカル検索結果に広告を表示させることも可能です。

 

行き先をスマートフォンの地図アプリで調べることが一般的になった現在では、このようなユーザーと接触できる機会を増やしていくことはとても有効です。

地図検索の表示順は、検索されたキーワードとの関連性、検索ユーザーの位置からの距離など、様々な要素で決定されます。

地図上での順位を上げるために行うことは、まずグーグルマイビジネスの適切な運用です。情報きちんと入力しましょう。その上で、ユーザからの口コミ獲得や、それらに対する返答などを行うことがおすすめです。
口コミや返答では、上位表示されたいキーワードを意識した文章にすることもポイントです。

まだGoogleマイビジネスを登録されていない方は、ぜひお試しください。

このウェブ解析士に相談する

Pocket

株式会社ラディカルサポート 代表取締役
2年間2000件以上の広告・販促物の制作実績と、幼少からの販売・接客経験を活かして、顧客の購買心理を深く理解しているホームページ制作者として2005年に独立。「売上アップに繋がるホームページを武器に多数のNo.1を創り出す」をモットーに、中小企業のホームページ集客支援を行っている。また、商工会議所や企業などでのセミナー活動も行っており、売上アップにつなげるホームページの作り方やウェブマーケティングに関連する内容で多数登壇。2018年2月には3冊目となる著書「スモールビジネスのためのGoogleアナリティクス完全ガイド」が刊行された。