【6月報告】2019年 上級ウェブ解析士カリキュラム分科会

Pocket

こんにちは。2019年上級ウェブ解析士カリキュラム研究会です。
6月27日(水)に開催された第5回の研究会の内容を報告いたします。

今回の研究会では、先月に引き続き、2019年の上級ウェブ解析士認定講座に追加される「カスタマーアナリティクス分析」、「事前・中間課題、修了レポートの採点基準」、「事前課題フレームワーク改定」などについて議論を行いました。

「カスタマーアナリティクス分析」について

現在Adobeアナリティクスで実装しているカスタマーアナリティクスについて、Googleでアナリティクス再現でき、さらに上級ウェブ解析士認定講座で教えやすく、かつ受講者が理解しやすくするため、現在のコンセプトダイアグラムやStep定義を見直し、GAの実装指示書を作ることになりました。
8月中の完了を目指して作業を進めていきます。

上級ウェブ解析士認定講座カリキュラム改定について

以下の点について検討し、改定作業を進めていきます。

  • 修了レポートで「ロジックツリー」作成が必須となっているが、ロジックツリーを書けない受講生が多い。そのため、上級講座Day2で「ロジックツリー作成」についてのカリキュラムを追加する。
  • 「組織名分析」条件「既存深掘と新規開拓」について、既存顧客はWebサイトに掲載されている企業くらいしかわからないため、それ以外の既存顧客企業名について受講生に公開するかを検討する。
  • 「広告分析」について、ウェブ解析士協会がどんな広告キャンペーンを実施しているかわからないので、どんな広告キャンペーンを実施しているかを受講生に公開するかを検討する。
    また、Google AdWordsについては、管理画面の閲覧権限を受講生に付与することを検討する。
  • 「フォームの解析」について、各フォームについてはイベントトラッキングにて解析を行っているので、来年度のカリキュラムではその分析方法を盛り込むとともに、修了レポートでは必須とする。

「事前・中間課題」「修了レポート」の採点基準について

「事前・中間課題」「修了レポート」の採点のバラツキをなくし採点基準を統一するために、【採点シートテンプレート】を作成いたしました。ウェブ解析士マスターにはすでに告知・配布していますので、今後の採点はこちらのテンプレートにて行うことになります。

また、「上級GAレポーティング講座」を修了すると、修了レポートについては最低でも54点を取得できることになってますが、こちらも採点基準を明確化いたします。

「事前課題フレームワーク」改定について

事前課題のひとつ「フレームワーク」については、来年度【事業計画書】として作成していただくようにします。競合分析としては汎用的なビジネスフレームワークを採用するとともに、「ブルーオーシャン分析」を新たに加点要素として追加いたします。

あなたも上級カリキュラム研究会メンバーに

上級カリキュラム研究会では、新たに2019年のカリキュラムを検討していただけるメンバーを募集しています。
引き続き委員会動画と議事録を公開することで、カリキュラム作成に興味のある会員の方の参加を受付けていきます。ウェブ解析士協会会員であれば、どなたでも参加できまが、特に講座を開催しているマスターの方の参加をお待ちしております。エキスパート講座のスタッフとして協力したいという方も、ぜひご参加ください。

また、上級ウェブ解析士認定講座を開催しているマスターの方には、ぜひカリキュラムのフィードバックをお願いいします。「受講生にはこの部分が解りにくかった」「この部分か曖昧だ」など、講座を開催して感じたことを、ご意見としてお寄せください。

次回の上級カリキュラム委員会は、7月25日(水)14:00〜16:00に、新宿ノマドカフェ「Base Point」(〒160-0023 東京都 新宿区西新宿7丁目22-3)にて開催いたします。オンラインでの参加も大歓迎です。一緒により良いカリキュラムを作っていきましょう!!

Pocket

上級ウェブ解析士認定講座カリキュラム研究会さんの他の記事

2019年版上級ウェブ解析士講座のカリキュラム(課題・テキスト・テスト)改定について、検討する研究会です。ウェブ解析士協会顧問の顧問の清水誠さんにもご指導いただき、「コンサルティングできる」「施策提案できる」「(手を動かして)運用できる」上級ウェブ解析士を育成するカリキュラムの実現を目指しています。