オススメ助成金「成長分野人材育成助成金」

Pocket

こんばんは〜♪

江尻です

本日はオススメの助成金を紹介します。
です。
これは法人が受けられる助成金です。
だから企業が社内の人材をレベルアップしたいというときに使えます。
この助成金のすごいところは、通常この手の助成金は費用の一部しか助成されないのに対し、この助成金は全額が助成されるのです。
その額20万円!
ただし、
過去1年間解雇などがあると助成対象となりません。
また、成長分野に該当する企業ではないと助成対象となりません。
環境、介護、ITなどの業種です。
とは言っても、「建築業でエコ住宅作ってる」といった企業も対象になるということは
会社の一部でITを活用した事業でも対象になるかもしれませんね。
でも、このあたりの対応は各地域の窓口判断となりますから、事前に確認しておきましょう。
最近地方の企業でもこの成長分野人材育成助成金を活用して、ウェブ解析士を受講する企業が増えています。
福井や鹿児島の企業です。
この場合、初級ウェブ解析士と上級ウェブ解析士を合わせて受講しています。
また、別途ツールトレーニングを組み合わせる企業もあります。
この助成金、ある程度専門的な内容じゃないと対象になりません。
エクセルやワードの講座じゃダメみたいです。
エンジニアやデザイナーならプログラム言語の研修などを受けるのも価値がありますが、中々会社の業務を
止めてまで受ける研修って少ないですよね?
ウェブ解析士はウェブデザイナーから企業のウェブ担当者まで幅広いウェブ業界の人材に役立つスキルが身に付きます。
つまり、
データに基づいて問題を提案し、具体的改善施策に落としこむ
ことができます。これってとても大事。ウェブデザイナーが事業の成果につながる提案をするため
マーケティング担当が事業の成果につながる広告を検討するため
きっとお役に立ちます
さて、この助成金を受けるには半年間の計画を立案し、Off-JTでの人材教育計画を作ることになります。
って聞くと、大変そうだと思いますよね(苦笑)?
でも、社労士さんにお願いすれば書類作成も代行してもらえます。
ウェブ解析士協会では社労士のプロと連携して助成金申請から社内研修開催までトータルでサポートが可能です。
それも全国で対応する社労士さんと連携していますので、ご安心ください♪
法人研修についてのお問い合わせはこのページのオレンジのボタンを押してフォームからお申し込みください




Pocket