[連載] 店舗集客の悩みを確実に解決するネット集客方法〜第3回:顧客に店舗を思い出してもらう方法

Pocket

店舗集客の悩みを確実に解決するネット集客方法(全6回)

第3回:顧客に店舗を思い出してもらう方法

今回は、ネット集客の全体像の中で、「2.顧客に店舗を思い出してもらう方法」をご案内します。

顧客に店舗を思い出してもらう方法の1つが、リターゲティング(リマーケティング)広告です。

リターゲティング(リマーケティング)広告表示例

ディスプレイ広告(PPC広告)とリターゲティング(リマーケティング)広告の違い

どちらもディスプレイ広告枠に表示するという点で同じです。しかし、ディスプレイ広告(PPC広告)は基本的にまだウェブサイトにアクセスしていないユーザーに広告表示するのに対して、リターゲティング(リマーケティング)広告は、ウェブサイトにアクセスしたユーザーに広告表示するという違いがあります。

顧客に店舗を思い出してもらう具体的なネット集客方法

リターゲティング(リマーケティング)広告

リターゲティング(リマーケティング)広告とは、一度ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーに対して一定期間、提携ウェブサイトの広告枠に表示することが可能な広告のこと。サイトリターゲティング、リマーケティング広告とも呼ばれます。(参照:ウェブ解析士協会 用語集

例:肩こりがひどいユーザーが整体院を探す場合

図①~③について

ユーザーがウェブサイトへアクセスした際、例えば、問い合わせにつながるのがアクセス数全体の2%の場合、残りの98%は離脱する(問い合わせにつながらない)ということになります。

図④~⑥について

リターゲティング(リマーケティング)広告は、離脱した(問い合わせにつながらなかった)残りの98%のユーザーに広告を表示することができます。そのため、広告を見たユーザーの一部が店舗を思い出してウェブサイトへ再度アクセスし、問い合わせ(予約)する可能性が出てきます

実施するうえでのポイント

リターゲティング(リマーケティング)広告は、ウェブサイトにアクセスしたユーザーに広告を表示するため、ウェブサイトのアクセス数が少ない場合、広告を表示できる人数が少なくなり、集客効果が得られにくくなる可能性があります。

集客効果を高めるためには、ウェブサイトへのアクセス数を増やすことができる【1. 顧客に店舗を知ってもらう方法】と併せてリターゲティング(リマーケティング)広告を運用することがポイントです。

第3回:顧客に店舗を思い出してもらう方法のまとめ

1.リターゲティング(リマーケティング)広告
顧客に店舗を思い出してもらう方法の1つが、リターゲティング(リマーケティング)広告
2.ユーザーの再訪を促す
リターゲティング(リマーケティング)広告は、一度ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーを対象に広告表示できるのが特長
3.新規認知と合わせる
集客効果を高めるポイントは、ウェブサイトへのアクセス数を増やすことができる【1.顧客に店舗を知ってもらう方法】と併せてリターゲティング(リマーケティング)広告を実施すること

次回は、「顧客に店舗を選んでもらう方法」をご紹介します。

Pocket

嶋野 孝彦さんの他の記事

嶋野 孝彦
1980年 東京都出身、慶應義塾大学総合政策学部卒業。一般社団法人ローカルマーケティングアカデミー教育事業部 マネージャー、上級ウェブ解析士。日本最大級のローカルマーケティング専門企業(株式会社ILB)のコンサルタントとして8年間で8,005店舗の経営者に対して集客アドバイスを実施。より多くの店舗、企業に実践的なネット集客方法をお伝えするため、オンライン学習サイトの運営、全国各地で講演・セミナーを実施している。