教えて神谷さん!ウェブ解析士として起業したい場合のハコとカネ(前編)

Pocket

ごめんください。新潟のウェブ解析士マスター、小杉です。

ウェブ解析士の資格取得を通してウェブマーケティングを深めていくと、「起業」が目の前にチラつく人が多いと聞きます。何より、私自身がウェブ解析士マスターを取得した2ヶ月後に起業したという経緯があります(だから、ウェブ解析士を取らせたくないという企業もあるとかないとか)。

そんな背景があり、今回は大阪のウェブ解析士マスターであり、株式会社チップディップ 代表取締役の神谷さんへ、ウェブ解析士として起業する際に悩む「事務所(ハコ)」と「資金(カネ)」について、ご自身の経験を語っていただきました。

これからウェブ解析士として起業を検討されている方は、ぜひご一読ください。

神谷 英男神谷 英男
大阪のウェブ解析士マスター。突然ネタを振られるとアドリブに弱い一面を見せる一方で、その物腰の柔らかさと的確な決断力から、一部からアニキと慕われている。2015年11月に独立。2017年に法人化。
小杉 聖小杉 聖
新潟のウェブ解析士マスター。ウェブ解析士だよりの編集担当として、今回のインタビュー役。大阪はお好み焼きにこんにゃくが入っていたことが一番のうれしい驚き。2013年6月に起業。

コネもカネもない状態で突然の独立

小杉
神谷さん、今日はよろしくお願いします。
そもそも、独立のきっかけから聞かせていただけますか?
神谷
こちらこそ、よろしくお願いいたします。私の独立したきっかけですが、実はアツい起業家マインドがあったわけではなく、実はその場の流れで独立したんです。
小杉
いきなり意表をついてきましたね。
そこはこう、「かくあるべき!」とか「社会に物申したい!」とか「これをやったらみんなが楽しくなる!」とか、そういうのを期待していたのですが。
その場の流れですか。
神谷
ええ、なんだかすみません。
元々は知人から「一緒に仕事をしないか」と声をかけてもらって、彼の元でしばらく仕事をしていたのですが、諸事情により1年ほどでお互い別々の道を歩むことになりました。
その時点でサラリーマンとして再就職しようと思ったのですが、納品した案件があったので、1年間はしっかりとサポートしなければならないと思い、独立せざるを得なかったという状態です。
ただ、サポート期間に1件も新規案件を取れないようなら、私には能力がないのだろう、だから1年間はがんばってみよう、と決めたうえでの独立でした。
当初はコネもカネもなかったので、本当に不安でした(苦笑)
小杉
なるほど。
きっと、1年間と割り切っていたのが良かったんでしょうね。
神谷
そうですね、期間を決めることで割り切れたのは大きいと思います。
今思えば「独立」せざるを得ない状況で「起業」したいと思ったわけではないので、ここまで続けられた上に法人化までできたのは、縁に恵まれたおかげです。
小杉
私には、その謙虚さがつないだご縁だと思えますよ。
オフィス
チップディップさまの事務所風景。撮影の際、スタッフさんには机の下に隠れてもらったそうです。お茶目。
オフィス外観
事務所外観写真。奥にチップディップさまがあり、手前は空いているそうです。関西にお住まいの方はチャンス!
セミナー
わかりやすいと定評のある、セミナー中の神谷さん。後に写真でご紹介する多目的ルームで開催したもの。

独立して最初に行ったのは事務所探し

小杉
独立当初は、ご自宅で業務をしていたのですか?
神谷
いえ、最初から事務所を借りました。自宅だと仕事にならないと思ったので。
小杉
その気持ちわかります。
自宅だと気が散るという以上に、サラリーマンを長く経験していると「出勤する」という行動が「仕事するぞ!」って気持ちに切り替えてくれるんですよね。
でも大阪だと、色々と高くないですか?事務所を構えるというのは、相当覚悟が必要な印象です。
神谷
高いところはびっくりするほど高いですが、様々な施設があるので、安さ重視で探しました。資金の余裕もそれほどなかったですし。
そこで「インキュベーションオフィス」という独立・起業した人を対象とした施設にピンとくるものがあり入居することにしました。
今も借りていますが 大阪デザイン振興プラザ という、大阪市とアジア太平洋トレードセンター株式会社によって運営されているデザイナー支援のための施設です。入居の際は条件・審査等がありますが、無事認可が下りれば3年間は月坪単価6,000円(2017年6月現在・税別)でオフィスを借りることができるのです。
小杉
今ウェブサイト拝見しましたが、キレイで安くて素敵ですね!
神谷
しかもインターネットは月1,000円程度で利用でき、電気代が無料です。
また、セミナールームや会議室、交流スペースなどもあり、一定の回数までは無料で利用可能なので、私が主催するウェブ解析士講座やイベントでもフル活用しています。
小杉
今すぐ問い合わせたいくらいですが、残念、新潟を離れるわけにはいきません……!
神谷
もし事務所が必要になったら、条件はともかく、独立・起業を支援する施設は全国各地にあるはずですから、ご自身の地域で「インキュベーションセンター」「インキュベーションオフィス」と検索してみるといいですよ。
ライブラリ
ライブラリは一般解放もされていて、デザイン系の雑誌や書籍が読み放題です。天国かな?
ワークルーム
ワークスペースでは高品質な大型ポスターをリーズナブルに印刷できるとのこと。さすがデザイン系。
交流サロン
交流サロンは入居者の皆さんで忘年会をしたり、セミナー後の懇親会などでもよく利用されるそうです。

ハコと案件受注の関係について

小杉
ハード面だけでも羨ましすぎるのですが、他にも「ここを借りてよかった」と思う事はありますか?
神谷
はい。他の入居者の皆さんと交流できる事ですね。信頼できる仲間が増えたのはもちろんですが、独立してから現在に至るまで、弊社が受注した案件の約7割が他の入居者様のご紹介が起点となって受注できたものですから、業務にもプラスになりました。
小杉
それはありがたいですね。
神谷
そうなんですよ。独立した後、どうやって案件を受注しようかとても不安だったのですが、おかげ様で順調な滑り出しとなりました。
普通のオフィスビルだと、他のテナント様はまったくの異業種の場合が多いですよね。営業すれば案件に結びつくかもしれませんが、お互いに営業しあってもメリットが薄い可能性のほうが大きいでしょう。
ところが大阪デザイン振興プラザの入居者の皆さんは、建築、インダストリアル、グラフィック、インテリア、パッケージ、ウェブなど、デザインに関わりのある方がほとんどです。
例えばグラフィックデザイナーの方にチラシやカタログの案件があって、ウェブも一緒に提案したいから手伝ってよ、といった流れでご紹介いただきました。
このインキュベーションオフィスに入居してよかったなと、シミジミ思います。
小杉
関連する業種が集っているからこそのメリットですね。他にもうれしかったことはありますか?
神谷
そうですね、通常の打ち合わせは私からお客様を訪問することが多いのですが、事務所があることによって先方から来社していただくケースが多かったことは想定外でした。
話を聞いてみると、担当の方も気分転換で外出したいというのが主な理由だったりするらしいです。
二次的なメリットですが、往復の移動時間や電車賃の負担が軽くなりました。自宅を仕事場にしていると、ほぼ100%自分から出向かないといけないですから。
小杉
移動時間を節約できるのは、本当にありがたいですよね。地方は車での移動がほとんどでスマホすら開けませんから、とてもよくわかります。
神谷
独立当初は事務所賃料などの固定費を極力かけないほうが良い場合もあるので、無理してまで事務所を借りる必要はありませんから、私のお話は「事務所を借りたらこういうこともあるんだ」というひとつの例として、参考にしていただければと思います。
小杉
ありがとうございます。次回は資金繰りについてもお伺いできるとのことなので、法人化した際のお話をぜひお聞かせください。
多目的ルーム
多目的ルームは最大100名まで着席可能。講座やセミナーの人数が多い時はこの部屋を利用されているそう。
会議室
会議室では商談をしたり、少人数のウェブ解析士講座を開催しているとのこと。ちょうどいい大きさですね。
外観
奥の建物が入居ビルで、左手には大阪湾。夜はイルミネーションで彩られてカップルがたくさん…脱独身はいつですか?

事務所(ハコ)の選び方とメリット

  • 独立・起業の際には「インキュベーションセンター」「インキュベーションオフィス」と検索すると、望むような物件が見つかりやすい。
  • コミュニティができている事務所なら人が集まりやすく、仕事にもつながりやすい。
  • 極力、固定費はかけないほうが良いという場合もあるため、無理なくメリットの大きい方法を選ぶと良い。
Pocket