【協会に寄せられたご意見】真摯に受け止め改善努力をいたします

代表理事の江尻です。

東京は桜も満開になり、出会いの季節となりました。年度始めを迎え、みなさまのお仕事も多忙なころかもしれません。
今年に入り、先月にはウェブ解析士協会公式サイトのリニューアル、またウェブ解析士会議の開催など、春以降もウェブ解析士の方々によいよいサービスをの提供していきたい、と私たち協会は思っております。

とはいえ、忘れてはならないことがあります。それは、昨年末の正会員への登録に際して事務局の不手際の件です。
その際は誠に皆さまには大変ご迷惑おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2016年12月22日次のようなお叱りのメールいただきました。同じ思いをされた方もいらっしゃると思います。
私たち協会はこういうことが二度とないように心がけるためにも、その内容を共有したいと思います。(※ご本人にご了承をいただいております)

事務局 ご担当者様

会費を払おうとしたら、マイページにログインしろ、と出て
初回ログインをしようとしたら、公式サイトのトップが出ました。
初回ログインの案内のメールには、URLの有効期限の記載は一切ありません。

本年、初級資格から上級資格まで受講をしましたが、
事務局側の不備があまりにも多く、怒りを覚えます。
講師の方、および内容にはなんの不満もありません。

書籍のテキストには誤字脱字が多く
配布テキストも誤字脱字が多く、電子媒体なのに訂正されず放ってあり、
演習課題のデータも事務局が共有データを荒らして配布テキストと合致せず、修正もせず放ってあり、
筆記試験にも正答が出ない設問があり、
発行された認定証の番号は記載ミスがあり差し替え、
会員登録も済ませていないのに次年度の年会費の支払いを促す手紙が
期限の当日に届くばかりか、同封物もなく、メールでの連絡のみで再送もなく
封筒は支払いを促すわりに経費節減がありありとわかる白黒の封筒で偽物感が拭えず
支払おうとしたら、初回ログインのURLは期限切れ、有効期限の記載も一切なし。

このような対応をされて無駄な時間を取られています。

初回ログインができるURLを12/22 10:30までにお送り願います。
会員登録を行い、来年の年会費は支払う準備をしていますが、
事務局の不備が行動と当方の同機を阻止しています。

併せて、本年中に上記の不備について、
運営事務局代表者からのフィードバックを求めます。
江尻氏のtwitterにある「来年以降改善します、貴重なご意見ありがとうございました」は禁句とします。

今年受験した者に対しての、誠実な回答を望みます。

返信がなければ、不誠実な対応とみなし、消費者センター等に申し立ていたします。
(※原文ママ)

このメールに、代表理事の江尻から以下のメールを送りました。

○○さま

ウェブ解析士協会代表理事の江尻です。
先ほどパスワードの再発行をメールいたしました。ご指定の10:30に間に合わず大変申し訳ございません。

今回は多くのウェブ解析士に多大なご迷惑をおかけして大変反省しています。

事務局の不手際とシステムの不備が原因であり、申し訳ない気持ちでおります。
その原因は私の指導が至らない点で、今後私がウェブ解析士を受講した方の運営に力をいれなければいけないと強く感じているところです。

> 事務局 ご担当者様
>
> 会費を払おうとしたら、マイページにログインしろ、と出て
> 初回ログインをしようとしたら、公式サイトのトップが出ました。
> 初回ログインの案内のメールには、URLの有効期限の記載は一切ありません。

おっしゃるとおりで、システムが発行するメールの文面を改善すべきですが、現状開発したシステム担当者が対応できず、問題を電話やメールでのサポートで対応しています。
そのため、現在、銀行振込のみ対応ですが、マイページにログインしなくても申し込みができるGoogleフォームを開設しました。こちらからテキスト送付の申し込みと合わせて正会員申し込みをマイページにログインしなくてもできるようにしています。
また、先ほどメールしましたマイページにログインができていれば、そのまま正会員登録のフォームから決済することも可能です。
マイページでパスワード設定後、以下のページからお申し込みください。
(※現在、2017年2月の公式サイト全面リニューアルに伴い、システムが変更になっております)

> 本年、初級資格から上級資格まで受講をしましたが、
> 事務局側の不備があまりにも多く、怒りを覚えます。
> 講師の方、および内容にはなんの不満もありません。

ウェブ解析士の講座そのものにご満足いただけていることは嬉しいことです。
すべてはウェブ解析士マスターをはじめとした多くの素晴らしい仲間のおかげです。
それにくらべ事務局の不備があまりに多いことは申し訳ないと思っています。
マスターからもたくさんお叱りと失望の言葉をいただいています。

> 書籍のテキストには誤字脱字が多く
> 配布テキストも誤字脱字が多く、電子媒体なのに訂正されず放ってあり、
> 演習課題のデータも事務局が共有データを荒らして配布テキストと合致せず、修正もせず放ってあり、

テキストの誤字脱字は2016年版は本当に多くて大変お叱りの言葉をいただきました。
10月に多くの誤字脱字を訂正した第2刷を出し、10月からの受講者は読みやすいテキストになりましたが、その前に受講した方には訂正が追いつかず、ご不便をおかけしたと感じております。

> 筆記試験にも正答が出ない設問があり、
> 発行された認定証の番号は記載ミスがあり差し替え、
> 会員登録も済ませていないのに次年度の年会費の支払いを促す手紙が
> 期限の当日に届くばかりか、同封物もなく、メールでの連絡のみで再送もなく
> 封筒は支払いを促すわりに経費節減がありありとわかる白黒の封筒で偽物感が拭えず
> 支払おうとしたら、初回ログインのURLは期限切れ、有効期限の記載も一切なし。

筆記試験は模擬試験だと思いますが、こちらも毎年改訂していて私も問題を解くのですが、人や状況によっては正解になる問題がいくつかあリました。この点も申し訳ございません。
また、お送りしたお手紙は校正中の原稿を誤って差し込み、同封するはずの申込書が発送業者に届いていないため、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
当初の意図はマイページが扱いにくいため、ログインしなくても申し込める、フォームやFAXなどの手段をご提供することで負担を軽減したい、また正会員なら受け取れる様々なサービスを知っていただきたい、との思いからでしたが全く逆効果になってしまったことは否定できません。

> このような対応をされて無駄な時間を取られています。
>
> 初回ログインができるURLを12/22 10:30までにお送り願います。
> 会員登録を行い、来年の年会費は支払う準備をしていますが、
> 事務局の不備が行動と当方の同機を阻止しています。

これは単なる反省になってしまいますが、複数の申し込み方法を作ることが余計な混乱を招いたことも否定できません。
マイページログインのシステム自体が十分ではないため、大幅なシステム改善を来年行う予定でした。いままで無料会員制度があったため大きな問題になってなかったことが正会員に絞ることで、大きな混乱を招いてしまいました。

そこで、せめてもの方法として、正会員のお申し込みは12月20日締め切りをすぎてもご対応するとお伝えしています。今回は年内12月31日までお申し込みおよびお振込を受け付けるつもりでおります。正直なところ誠実な回答になっていればいいのですが、あんな大変な講座を受けてウェブ解析を学んできた皆様に、実務でもなんでもないところでご迷惑をかけてしまうことが大変心苦しく思っています。
一人一人私が困らせてしまった方にご回答申し上げているのが現状です。
来年以降改善はおいておいてですが、来年のいまごろは会員でよかったと思ってもらえるよう、精進したいと思っております。
貴重なご意見誠にありがとうございました。

(※返信時2016年)

いかにウェブ解析士の皆さまの期待に答えられていない私たちの協会の状況に深く反省をしました。

最も重要なことは、事務的なことでウェブ解析士を受講した人の手間を増やしてはいけないということです。

逆に、ウェブ解析士になってよかったと思えるサービスを増やし、そして一人でも多くの方が気持ちよくウェブ解析を学べる環境をつくるため引き続き努力をいたします。

それが、期待してくださった皆様へのせめてもの恩返しだと思っています。

まだ私たちには至らぬ点があるかと思いますが、今後このようなことがないよう、より一層気を引き締めて協会運営を行って参りたいと思います。