地域のビジネス拡大を支援「CMO47プロジェクト」開始

ウェブ解析士マスターの小田切です。

今回は一般財団法人ネットショップ能力認定機構と連携して、新しくスタートさせた「CMO47プロジェクト」についてお伝えします。CMO47プロジェクトとは、ウェブを使って地域資源の販路開拓を支援することです。

中小企業にとって、場所・時間の制約を受けずにビジネスを展開できるECは、ビジネス拡大の大きなチャンスとなり得ます。しかし、ECを成功させるためには、ネットショップ運営とウェブマーケティングに対する知識とスキルが必要です。特に大都市圏以外でのビジネスにおいてECは販路の拡大には必要不可欠な要素です。

そこで、このプロジェクトの目的である「地域のマーケティング担当者の育成」のため、一般財団法人ネットショップ能力認定機構、ウェブ解析士協会がそれぞれの長所を活かして、ECの人材育成をしていこうということになりました。
一般財団法人ネットショップ能力認定機構が「人材の育成や採用ノウハウ」を、ウェブ解析士協会が「ウェブサイト改善などウェブマーケティング」を務めることで、より質の高いECマーケティング担当者を輩出していく試みです。

2017年2月15日に一般社団法人沖縄イーコマース協議会が主催するEC関係者を対象とした交流会「ECトーク」を舞台として「CMO47プロジェクト」を行いました。(開催場所は、株式会社Eストアー(東京・西新橋)。)

この交流会「ECトーク」は、沖縄イーコマース協議会が沖縄県の委託を受け事業を進める「次世代Eコマース人材育成プロジェクト」に参加する沖縄県在住の20名と、都内を中心としたEC事業者が参加しました。

1部「EC業界の人材育成」/ネットショップ能力認定機構が担当

1部はネットショップ能力認定機構が担当し「EC業界の人材育成」をテーマに「ECの人材ってどうやって採用している? 育成している?」といった内容について、最近のEC業界の採用状況や、ネットショップ能力認定機構で実施した独自調査を踏まえ、社内での人材育成についてワークを交えながら効果的なネットショップ人材育成について伝えていただきました。

2部「ウェブ解析士流」ウェブマーケティングをEC担当者に伝授/ウェブ解析士協会が担当

2部は、ウェブ解析士協会が担当し「サイト斬り~グループでお互いのサイトをよくするアイディアをシェア~」では、ウェブ解析士流のウェブマーケティングの考え方の基本を紹介しました。

ECに限らず、ウェブマーケティングを実践するためには、まずは見るべきKPIを決め、目標を達成するために、どのKPIの数値をどう改善すれば良いのかを考えるのがスタート地点です。

そこから実行可能なリアリティのあるマーケティング計画を立案し、関係者を巻き込んでいくこと大切です。このためには、具体的な数値に基づいたシミュレーションを行い、周囲に自社ビジネスの将来像を示して説得するスキルが必須です。

目標売上を達成するために必要なことを考え、人に伝える大切さを知ってもらう

2部のセッションでは、自社サイトの課題や問題点を共有し、ワークショップで改善案を発表するといった方式をとりました。

ワークショップを行うにあたって、事前に参加者にはGoogleスプレッドシートに自分のECのセッション数、直帰率、注文件数を記入してもらいました。その後、ワークショップのチーム内で、欲しい売上を達成するために何をすればいいのかを考えて発表してもらいました。

普段、Googleアナリティクスなどの解析ツールをあまり触っていない方もいらっしゃったようですが、皆さん非常に真剣にワークに取り組んでくれ、発表内容も「なるほど、そう考えたんですね」と納得させられるものが多かったです。

目標から逆算して施策に落とし込むクセをつけよう

このワークで最も伝えたかったことは、目標から逆算して施策に落とし込むクセをつけることです。

まずは目標を立て、なぜ現実はそこに届いていないのかを考え(Why)、目標に近づくために、どこで(where)、何を(what)、どうするのか(how)を決める。

特に重要なのは、どこ(where)の部分です。どの部分で何をして、どう変えるのかが決まっていないと、やったことの振り返りができないからです。参加者の皆さんが、このクセを持ち帰ってもらえたら嬉しいです。

ECは「商品に対する熱い愛情を持ち続けること」が事業拡大のコツ

全体を通して感じたのは、参加者の皆さんが「仕事をやらされている感」がなかったことです。皆さん、自分が売っているものをとても楽しそうに紹介してくれました。私自身は、ECで売上を上げるためには最も大切なのは「自分が売っているものが好きで、この良さを皆に知ってもらいたい、使ってもらいたい」という気持ちだと考えています。

自分が売っている感覚、「ほら、これいいでしょ!」という商人の気持ちです。もちろん、仕入れや物流の知識、解析、アドテクなどのスキルも重要ですが、この気持ちがないと苦しい局面に立ち会った時に踏ん張りが効きません。ぜひ、商品に対する熱い愛情を持ち続け、解析やショップ運営のスキルを磨いていっていただければと思います。

——————————-

今後の「CMO47プロジェクト」展開予定として、ウェブ解析士協会側では、地域で行われるセミナー等への講師派遣を通じて、ウェブを活用してその地域で「稼ぐ人材の育成」を支援していく予定です。

ウェブ解析士協会では、「CMO47プロジェクト」に参画したいウェブ解析士(正会員・法人会員)を随時募集しています。お問い合わせはこちら

——————————-