ウェブ解析士の講座をやるなら、社内研修(企業内研修)と社外研修のどちらがいい?

Pocket

社内研修(企業内研修)と社外研修の違いについては、いろいろな定義がありますが、一般的には以下の様に区別されています。

  • 社内研修:
    社内の人間が講師となり社内の人間に研修を行う。
    人材開発育成部門が主催することもあれば部門で独自に行う場合もある
  • 社外研修:
    社外講師を招聘する、あるいは社外の研修に社員を参加させる

会社の中で行うか会社の外で行うかということではなく、誰が講師を務めるかという点で区別されます。よくある合宿なども一種の社内研修です。

それぞれにメリット・デメリットがある

社内研修のメリット・デメリット

どちらを選ぶかというと、それは研修を行う目的と、得たい結果によります。例えば社内で優秀なトップセールスマンの営業トークを営業部全体で共有するといったものであれば、社内研修にせざるを得ません。どんなトークがベストかというのは企業によりけりだからです。

また、自社内特有のやり方であったり、考え方についてなども、社内で行うしかありません、外部の人間にそれを理解するのは難しくかつ、マネジメント層が直接行うべき物だからです。これは、逆に考えれば「企業独自の内容を自由に行える」という大きなメリットがあると言えます。柔軟に素早く開催できるのも強みです。

ただ、その反面どうしても受講者側が素直に受け入れてくれない傾向があります。特に上層部がトップダウンで企画する、あるいは普段は接しない部署が企画した物は、自分には関係ないという意識を持つ受講者が多く、結果に結びつかないケースが少なくありません。

また、社内に無い知識そして刺激を提供できないという点も、デメリットです。

社外研修のメリット・デメリット

社外研修は社内研修とほぼ逆のメリットデメリットを持っています。まず、講師が社外の人間ですので、企画する側の意図通りに事が進んでいくかどうかは分かりません。もちろんカリキュラム作成の時点で、ある程度コントロールは可能ですが、研修中は講師のパーソナリティや考え方が良くも悪くも出て伝わる物ですので、場合によっては不都合が出る可能性はあります。

また、社外の講師や研修プログラムを選定する時間的、金銭的コストがかかってしまいます(とは言え本来は社内研修でも人件費が社内で発生しているのですが)

メリットとしては、やはり社内とは異なる価値観に触れますので、それまでになかった発想や刺激、そしてスキルを得ることができるという点があります。本当のスキルは、やはり実際に実践している人間が話すのが最も生々しく役に立つものです。

受講者も、普段とは違う人間が話すということで、聞く姿勢に入りやすいという点も見逃せません。内部の人間の場合様々な理由で素直に受け入れられないことも、社外の講師が言えば受け入れるということは、良くある話です。

使い分けが必要だが、受講者の意識が変わるのは社外研修

このように方向性が違う物ですので、どちらが良い悪いという物ではありません。今人材育成に熱心な企業で多いのは、両方を組み合わせるというやり方です。

一般的に、受講者に刺激を与え、意識を変えさせられるのは社外研修です。違った価値観と環境の元で、会社から一歩離れた人間から学べるからです。なのでまずは社外研修を行うケースが多いです。

そしてその後、その内容を社内にフィードバックした上でそれを業務にどう生かしていくかを社内でディスカッションなどしていくという研修を行う。これは社内研修です。ここで、社外で得た知識を自社の中に上手く組み込んでいけるようにコントロールしていきます。

このようなハイブリットなやり方が、おすすめです。実際にウェブ解析士認定講座を企業研修に使われている会社はこのようなやり方で、社内にノウハウを効率よく定着させています。

Pocket