2016年を締めくくる「ウェブ解析士だより」

このお手紙を読んでくださってありがとうございます。

ウェブ解析士を始めて、今年で6年が経ちます。いま私は、ウェブ解析士をスタートさせて、本当に良かったと思っています。それは、この仕事を通してすばらしい方々と知り合うことができたからです。

すばらしいウェブ解析士との出会い

先日、新潟県燕三条に伺った際、起業家指導をしている安達里枝(あだちりえ)さんとお会いしました。実家の農業をウェブで活性化した経験とウェブ解析士の知識を生かし、信用金庫と地方の起業家を支援しています。彼女はウェブ解析の専門性を活用することで、ユーザの気持ちをとことん考え抜き、実効性のあるマーケティングプランを作ります。そうして、多くの企業を成功に導いているのです。

それから、東日本大震災直後にウェブ解析士マスターになった富田一年(とみたかずとし)さんは、大手企業のウェブ解析士育成に貢献してくれました。彼はもともと、パソコン資格関連の教育に従事していたこともあり、知識もやる気もバラバラの受講生に対して、多くの方を合格に導いてくれました。「ウェブ解析を学ぶことは世に役立つ」という思いと、教育者としての並外れた経験がなければ実現できなかったことと思います。

ウェブ解析士の認知を上げ、社会を良くしたい

これまで、私たちは実力、志を持つ多くの方々と出会ってきました。そうして近年、次のステージへとウェブ解析士を発展させたい、その成長をもっともっとスピードアップしたいと強く思い始めました。

みなさんの活躍の場を世の中にもっと広げたい、と思ったのです。ウェブ解析士の認知をさらに広げ、企業に必要とされるように、そのブランド力を高めていきます。たくさんの方が企業から求められ、コンサルタントとして活躍してほしいです。

転職をする際にウェブ解析士の資格を取得したことが、あなたの実力を伝えるだけでなく、一目置かれるようになり、そうして、ウェブ解析士としてあなたと一緒に活躍の場を広げながら、ともに社会を良くしたいと本気で思うのです。

私はマーケティングが大好きです。マーケティングを通して、人を感動させたり、喜ばせたりする瞬間を大事にしています。そしてこれからは、日本が世界で喜ばれるサービスや製品を作るために、「マーケティング」が、さらに重要になると思っています。

「ハイテク」はもちろん必要ですが技術だけでは足りないはずで、日本の発展のためにはマーケティングを通して「エンゲージメント」や「ブランディング」を生み出すことが欠かせません。

そのとき、私たちウェブ解析士はビジネスと顧客満足度をつなげるため、最も必要とされる存在になれるだろうと思っています。日本も世界も変革期ですが、この大きな流れに乗って、国との連携や、大小さまざまな企業との関わりを増やしていくことで、社会へ確かな貢献をしていきたい。

2017年以降の行動指針「あなたと、ともに。次元の異なる、さらなる発展を」

今年までで、2万人を超える方が、ウェブ解析士を受講してくださいました。私はその2万人を超える志のあるみなさんが、社会で活躍できるよう力を注ぎたいと思っています。2万人の方が、理念を共有して活躍すれば、その実現は、多くの方が思っているより、はるかに早いと思います。「あなたと、ともに。次元の異なる、さらなる発展を」それが2017年以降の、私たちの行動指針です。

ウェブ解析士協会では、さまざまな支援プログラムをご用意していますので、ぜひ活用いただきたいと思います。そして、これからは正会員・法人会員として、発展する協会と共に、活躍の幅を広げていっていただけたらと思います。

私たちは、あなたと一緒に、日本と世界に目を向けることで、大きな成長を遂げていきます。
今後ともよろしくお願い致します。

一般社団法人ウェブ解析士協会
代表理事 江尻俊章

江尻 俊章
WACA一般社団法人ウェブ解析士協会代表理事 2000年、株式会社環を創業、2016年株式会社 環 取締役会長退任。業界ではもっとも早い時期からアクセス解析に着目し、アクセス解析を軸にしたコンサルティングを行っている。 アクセス解析ASPサービス「アクセス刑事Pro」、「シビラ」を自社開発、運営、アクセス解析からエリアマーケティングを行う「エリアレポート」を提供している。 著書に「稼ぐホームページ損なホームページ―アクセス解析で一発判明!」「繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践」がある。