勉強会いいね日記~すみれプロジェクト クライアントの心を動かす提案とは何か?

Pocket

こんにちは。ウェブ解析士マスターの亀井です。

今回は2014年の5月の勉強会がきっかけで始まった「すみれプロジェクト」のお話と、そのプロジェクトをまとめた1冊『ウェブ解析士 提案の実践法則 すみれプロジェクト』についてお話します。

161214_kamei_1
https://www.amazon.co.jp/dp/B00RIM8KQY

すみれプロジェクトとは?

すみれプロジェクトとは、遠隔地に住む7人のウェブ解析士が2グループに分かれて、1人の起業家にウェブサイトの提案書を作成し、どちらの提案書が採用されるかを競い合うものです。

「クライアントの心を動かす提案とは何か?」「採用、不採用の境目には何があったのか?」といったことをリアルに学べるプロジェクトです。

このプロジェクトの舞台裏を記録したのが『ウェブ解析士 提案の実践法則 すみれプロジェクト』という本です。

「ウェブ解析士ってなんですか?」で始まったすみれプロジェクト

さて、このすみれプロジェクトが始まったきっかけは、2014年5月のとある勉強会で名刺交換した方から「ウェブ解析士ってなんですか?」と聞かれたことから始まります。

私が「こういうことをやる専門家ですよ」と返答したところ、「自分は個人事業主としてサイトを開設したいと考えているのだけど」と、相談を受けました。

そこでひらめきました。

遠隔地にいるウェブ解析士同士がチームを作り、オンラインで仕事をするスタイルでプロジェクトにならないかと。さらにウェブ解析士としてのビジネスモデルを作ることができないだろうかとも。ちょっと大げさですが、そんなことも考えました(笑)。

でも、なにごともやってみないことには前へは進めませんので、早速、相手の方にこの旨の話をしたところ、今回のこのプロジェクトに協力していただけることになりました。
早速協力してくれる同士を募ったところ、名乗りをあげたのは、西日本を中心とした各地のウェブ解析士7名。2チームに分かれてこのプロジェクトを進めました。

<福田グループ>(※執筆時当時の資格です)

福田浩(上級ウェブ解析士)

岡本裕智(ウェブ解析士マスター)

藤崎耕平(上級ウェブ解析士)

<山本グループ>(※執筆時当時の資格です)

山本誠一(上級ウェブ解析士)

椋由紀(ウェブ解析士マスター)

吉川雅司(上級ウェブ解析士)

岡田美濃(上級ウェブ解析士)

福田グループと山本グループ、提案が最終的に採用されたのはどちらだったでしょう?

『ウェブ解析士 提案の実践法則 すみれプロジェクト』はドキュメンタリー作品

この『ウェブ解析士 提案の実践法則 すみれプロジェクト』本には、顧客との折衝からチーム内での折衝まで徹底的に記録されています。

立ち話的なSNSのやりとりなどもそのまま記載しています。ただ、残念なのはスカイプやハングアウトによる深夜のミーティングだけが収録できませんでした。自発的に始まるミーティングは追い切れませんでしたが、ある個人の起業を支援するために集まったウェブ解析士が、実際に提案を行うまでの生々しい経緯が詳細に記されています。

事例集よりももっと濃厚

「単なる事例集でしょ?」と思われるかもしれませんが、それとは違います。事例集は、わかりやすくするために、過去の経緯をまとめて、要点だけを抜き出すのが普通です。かっこの悪い失敗や不具合は隠しがち。

できあがった事例としての評価はあっても、そこに至るまでのプロセスは表面に現れてこない。「どうやって、その事例を作り上げたのか? 一番知りたいところはソコなのに……」

そんな皆さんの心の声にお応えできるような1冊です。

ウェブ解析を学ぶ人にぜひ読んでもらいたい1冊

ウェブ解析は学んだが、具体的な仕事の進め方がわからない方には、これ以上ないウェブ解析の実務を実感していただけると思います。

顧客へ提出したヒアリングシートや提案書もあります。議論を進めるうちに提案書がブラッシュアップされていく様子も載っています。
今後オンラインでチームを作り仕事をしていくときのヒントになると思います。

また、PDCAを徹底的に回しているところは必見です。

業務が進むタイミングで各自に振り返りを設け、良かったこと足りなかったことが書いてあります。今回のコンサル手法についても振り返りを設けています。すべてが試行錯誤の連続でしたが、得るものは大きかった。

初心者の方にとっては具体的な仕事の進め方を、経験者には、いかに仲間たちと仕事を進めるべきのヒントをつかんでください。

この本はウェブ解析士も含めウェブマーケティングを仕事としているすべてのウェブ関係者にお読みいただきたいと思います。

 

『ウェブ解析士 提案の実践法則 すみれプロジェクト』

161214_kamei_1
https://www.amazon.co.jp/dp/B00RIM8KQY

※この本にはFacebook やチャットを多数収録しています。雰囲気を伝えるために顔文字などもできるだけそのままにしてあります。本来の日本語表記ではありませんが上記のような理由によるものですのでご了承ください。
※ウェブ解析士同士の会話にはたくさんの省略語が飛び交います。初出の用語に限り脚注を付けました。すべてに付けることはできませんのでご了承願います。

このウェブ解析士に相談する

Pocket

亀井 耕二さんの他の記事

亀井 耕二

気がついたらウェブ解析士のセンセイをしてもう5年。せっかく学んだことが2年ほどで陳腐化してしまう恐怖の業界で頭を抱える毎日です。変幻自在のウェブ技術の千本ノックにどこまで耐えられるか。最近は、少しはコツもつかめてきてウェブの向こう側にいるヒトが意識できるようになりました。ウェブ解析士の勉強会「自社サイトをコストに終わらせないために」を開催してはや4年。お一人でも多くアクセス解析のヒントを持ち帰ってもらいたいと願っております。