勉強会いいね日記 vol.1 ~勉強会はこうして始まった!

Pocket

ウェブ解析士マスターの亀井耕二と申します。
大阪を中心にして活動しております。
今回から私が主宰している勉強会や電子書籍についてご紹介していきます。

専門的なことは抜きにして、ご発表者の方々や印象的だったエピソードを交えてお話していこうと思います。
それとちょいちょい電子書籍の発売案内も。←これが狙いか!

「じゃあ、やりましょか」と口走ってしまった!

私が主宰している勉強会は「自社サイトをコストで終わらせないために」といいます。
今年で4年目となり、この7月に福岡で第18回を開催したところです

ご存知のとおり、上級ウェブ解析士は資格要件を維持するための条件があります。
最新の情報を入手するためのアップデート要件、自分自身が発表・執筆するアウトプット要件です。この二つの要件を2年の間にクリアしないと資格が維持できません。(※執筆当時)
特に発表・執筆という要件は、企業にお勤めの方だとか産休で自宅におられる方などは状況によってはなかなかクリアできない。
当然、受講生の方から発表の場がないのでどうしたらよいでしょうと相談を受けます。

「困りました。どうしましょう。」
「発表する機会がないのなら、そういう場を作りましょか。」

と、その時なぜか軽い気持ちで口走ってしまいました。これが発端です。
きっと、日頃から江尻さんからの無茶振りに慣らされていたからだと思います。
2013年1月のことでした。

「ホームページをコストで終わらせないために」

最初は、大阪ではなく松江市で開催することになりました。
たまたま、発表者が島根や鳥取を拠点に活動されていたからです。

発表だけなら知り合いだけが集まって、各々の研究テーマを披露すればいいんですが、
せっかくやるなら、今後のことも考えて集客しようということなりました。
ところが、どういう名目で人を集めるか悩ましい。
なにせ、そのころのウェブ解析士の知名度は限りなくゼロに近い。
いろいろ相談した結果、参加費無料の勉強会形式なら、すこしは人が集まってくれるだろうということになりました。
会場費やもろもろの費用を考えると当然赤字ですが、全員で負担することにしました。
次に勉強会の名前をつけようということになりました。
誰にでもわかる横文字で、ニュアンスも伝わりやすい名前は何か?

いろいろ出ましたが、仙田利夫さんから

「ホームページをコストで終わらせないために」はどうか

と提案がありました。

ちょっと、長いやん…。しかし。

地方では、ウェブサイトではなく、ホームページなんですね。
しかも、戦略的にサイトを活用していこうというような動機で作られていない。
とりあえず世間体を気にしてホームページでも作っておこうかと。
だから、ホームページはコストでしかない。こんな感じです。

わかりやすいということでこの名前にしました。

何を発表したらいい?

発表する方々は、私を含めて全員で6名。何を発表したらいいかわかりません。
とにかく何でもいいからアクセス解析のことを中心に発表しよう。
会場は松江市駅前にある松江テレサという会館。午後7時から2時間借りることにしました。
一人の持ち時間10分~15分で発表すれば90分くらい。
途中で演習を入れればちょうど2時間くらいにはなる。
司会進行は、岡本裕智さんがやりましょうと引き受けていただきました。

集客は大変だ!

先にお話ししたように、ウェブ解析なんて言葉は異国の言葉。
まったく知名度はありません。
「ホームページが云々」なんていってもすぐには集まらない。
とはいうものの、人が集まらなかったら勉強会にならない。
発表メンバーが手分けして島根や鳥取から関係者を中心に声がけして来てもらいました。
もう必死の集客。← 関西では必死のパッチといいます。
なんとか集まったのは15名ぐらいだったかな。

オープンセミナーのような勉強会

20160724-3
集まってきてくれた方々は、発表者とどこかで顔見知りだったりします。
でも、なかには初めて来られるかたも何人かおられたようです。
本番では、初心者にアクセス解析とはなにかということを説明する内容が多かった。
持ち時間も10分程度ですのでじっくり説明もできません。
無理もありません。そのころは、まだまだ「ホームページ」でしたから。
それでも、参加者の方々は機嫌よく最後まで聞いてくださいました。

最も成功したのは懇親会だった

地元の方々との交流は楽しいです。← アルコールが好きなだけ
最初のときはすこし緊張しましたが、それは相手も同じこと。
ここでのお話がとても参考になりました。

  • ウェブ解析という単語は初めて聞いた
  • そもそも本当にウェブで商品が売れるんだろうか
  • 売れるなら自分もやってみたい

とかうんぬん。
県民性なんでしょうか、会場ではほとんど出なかった質問がバンバン出てくる。

よくよく考えたらマーケットリサーチもせずに、いきなりの勉強会はあきませんね。
が、その時はそんな考えはまったくなくて、とにかく開催することに意義があると思っていました。
結果的に、勉強会が終わってから地元の方々とお話をしてニーズを聞き取りました。
冷や汗ものの勉強会でしたが、なにかをつかんだ感触がありました。
これなら、あと3回はできそう。そう思いました。

勉強会情報

第19回自社サイトをコストで終わらせないために

日時:
2016年9月10(土) 14:00-17:30(13:30受付)

場所:
米子市 米子コンベンションセンター 第3会議室
(住所:鳥取県米子市末広町294)

お申し込み
詳細やお申込みは下記をご覧ください。

http://www.kameikoji.jp/seminar/workshop/

「自社サイトを”コスト”で終わらせないために」ウェブ解析士の事例発表集(Kindle版)

https://www.waca.associates/jp/materials/book2/

このウェブ解析士に相談する

Pocket

亀井 耕二さんの他の記事